Digital Scopes

お知らせ

2004年10月27日


デジタル・オシロスコープのレクロイ・ジャパン(株)
トータル・ジッタの評価ソリューション
高機能シリアル・データ解析パッケージ「ASDA-J」を発売
 

レクロイ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区笹塚、取締役社長:北山基樹)は、リファレンス・クロック・ベースとノン・クロック・ベース2つのメソッドを利用してランダム・ジッタ(Rj)とデタミニスティック・ジッタ(Dj)およびトータル・ジッタを評価することのできる最世界初のジッタ・ソリューション、高機能シリアル・データ解析パッケージ「ASDA-J」を発表した。「ASDA-J」は、レクロイ社のシリアル・データ・アナライザ「SDA」に組み込んで使用することにより、光信号と電気信号両信号に対応した業界で最も精度の高いシリアル・ジッタ解析ソリューションであるのみならず、タイム・インターバル解析(TIAs)とサンプリング・オシロスコープとの相関測定が可能なジッタ解析ソリューションである。

【開発背景】
ジッタ計測においては、サンプリング・オシロスコープ、タイム・インターバル・アナライザ、デジタル・オシロスコープと異なる機器が用いられているために、ジッタ計測値相互の相関が取れないことが問題としてあった。これは、動作原理が異なる機器では、そのジッタ測定手法が異なるために起きる問題である。また、DjとRjの分離アルゴリズムも様々なものが発表されており、現実的には用途に応じて使い分けられている。このように、ジッタ計測の世界では、計測器や計測アルゴリズムの違いにより計測したジッタの値が異なるという問題は、解決するべき課題として議論の的となっていた。同一機器を用いて、同一データをベースとして異なる測定機器に準じたジッタ計測手法を実現することにより、問題解決を可能にした。
 
【概要】

「ASDA-J」ソリューションを利用すれば、以前はリアルタイム・デジタル・オシロスコープ、タイム・インターバル・アナライザ(TIA)、サンプリング・オシロスコープ、並びにビット・エラー・レート・テスタ(BERT)という4機種を利用してはじめて可能なジッタ測定が、「SDA」1台で同じ信号データを元にジッタ測定を行うことが可能となった。これによりエンジニアは、ジッタをどのように測定するのかを自由に選ぶことができ、また、ジッタ・ウイザード機能により、指先でこれらの測定が簡単に行えるようになった。ウイザードによりユーザーは、計測器の設定を簡単に行うことができ、最も正確なサンプリング・レートやビット・レート、信号間のパタン長を自動的に測定できるようになった。従って、ユーザーはこのジッタ・ソリューションを利用することにより、時間と費用を大幅に節約することが可能となる。

「ASDA-J」ソリューションは、“ジッタ測定精度の強化と同時に、エッジ・ツー・エッジ・ジッタ”の測定モードを標準の“エッジ・ツー・リファレンス”モードに加え、操作性についても強化を図った。この新モードにより、「SDA」はサンプリング・オシロスコープとTIAベースの計測器とジッタ測定の相関が取れるようになり、より精度の高いデジタル・クロック・リカバリ・システムは、ループ・バンド幅のみならず、フェーズ・ロック・ループの波形要素も定義することができる。これにより、実質的にどのような受信側の正確なシミュレーションも可能となった。PCI ExpressとHDMI用のクロック・リカバリ・モデルも、コンプライアンス・テスト用に追加された。フィルタ・ジッタ・モードにより、ITU-TとSONETの測定もサポートしているが、そのピーク・ツー・ピーク、rms値ならびにジッタ波形は、SDAのモニターで表示される。

上記のような新解析機能に加えて「ASDA-J」ソリューションは、「ASDA」旧バージョンで提供していたアイマスク・バイオレーション・ロケータ、ビット・エラー解析、ISIプロットやジッタ・フィルタを含む高機能ジッタ解析機能も装備している。

「ASDA-J」ソリューションは、特に「SDA6000A」ならびに「SDA6020」と組み合わせることにより、最高の性能を発揮できる。SiGe技術による最高のフロント・エンドを使って設計された両SDAモデルは、Fibre Channel、ギガビット・イーサネット、InfiniBand、IEEE1394、SONET/SDH(3.5Gb/s)など、幅広い標準化や規格に準拠する必要がある高速シリアル・データ通信において、最高の信頼性を誇る解析性能を提供している。このアナライザを利用すれば、アイ・パターン、ジッタならびにビット・エラー・レートなど、シリアル・データ信号の解析も行うことができ、実際の不良ビットを追跡することができる。

【推奨機種】
シリアル・データ・アナライザ「SDA6000A」「SDA6020

【主な機能】
・ 現行のSDAの機能
・ タイムインターバル・アナライザ・モードのジッタ計測
・ ジッタ・ウィザード

【製品詳細】
・ASDA-J製品ページ


お問合せ:
レクロイ・ジャパン株式会社
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6
Tel: 03-3376-9400 Fax: 03-3376-9587
Email: contact.jp@lecroy.com

 

What's New(更新履歴)へもどる

ページトップへ  

© 2014 Teledyne LeCroy

Teledyne Technologies