Digital Scopes

お知らせ

2005年2月4日


 

業界初、SATA1.0aとSATAII両仕様に準拠した
自動テスト・ソリューション「SDA-SATA」を発表

レクロイ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区笹塚、取締役社長:北山基樹)は、ストレージ機器の高速シリアル・インタフェース評価/解析およびデバッグに及ぶ多様な機能を提供するソリューション「SDA-SATA」の販売を開始した。このソリューションは、Serial ATA(SATA)トランスミッタ・コンプライアンス・テストを、SATA1.0aおよびSATAIIの両規格に準拠して自動的に実施できる。


【開発背景】
ハード・ディスクを中心として、インタフェースの高速化、簡素化といった要望に応えるため、高速シリアル・インタフェースであるSerial ATA (SATA)規格が普及しつつあるが、その高速性ゆえにジッタを始めとして評価/解析には高度な解析機能が必要とされる。また、SATAにおいては、1.5GbpsのSATA Gen1と3GbpsのSATA Gen2があり、各々SATA1.0aとSATAIIといった異なる評価方法が規定されているため、両規格で試験を実施するには複数の機器が必要となるなどの混乱を招いており、単一の機器で簡便に評価/解析が可能なソリューションが待たれていた。

【製品概要】
レクロイは、世界初となるSerial ATA(SATA) トランスミッタ・コンプライアンス・テストをSATA1.0aおよびSATAIIの両規格に準拠して自動的に実施できるソリューション「SDA-SATA」を発表した。このソリューション「SDA-SATA」は、レクロイのシリアル・データ・アナライザ、SDA6020およびSDA6000A専用に設計されており、電気的仕様SATA Gen1およびSATA Gen2に準拠した多用な試験/検証/解析ツールおよびデバッグ・ツールセットをエンジニアに提供している。

物理層の開発に「SDA-SATA」を用いると、以下のような様々な設計上のメリットが得られる。

■ テスト・フィクスチャ 「TF-SATA」
「SDA-SATA」には、様々なソフトウェア機能の他に、レクロイの高性能テスト・フィクスチャである「TF-SATA」や、迅速に接続できるSMAケーブルなどが標準装備されている。

■ HTMLレポート自動作成エンジン
レクロイはまた、「SDA-SATA」と併用できるHTMLレポート自動作成エンジンを開発した。この機能を使用すると、計測機器、信号捕捉、テスト条件などのセットアップ情報とともに、測定結果を記録することが可能となる。作成されるテスト・レポートには、個々の測定結果の数値、合否結果、規格で規定された許容範囲などが表形式で表示される。

■ シリアル・データ・アナライザSDA
SDAシリーズには、広いバンド幅、高速のサンプリング速度、ロングメモリ、高い演算処理能力といった特徴があり、「SDA-SATA」のパワフルなデバッグ・ツールは、SDAを補完するのに最適なソリューションである。SDAシリーズの最高100Mワードのロングメモリと「SDA-SATA」のパワフルな解析ライブラリを組み合わせることによって、検証プロセスが大幅に簡素化される。エンジニアはSDAのロングメモリと「SDA-SATA」の解析ライブラリを利用して、トランスミッタ・データや変調速度などを簡単かつ正確に測定できるほか、SATA仕様で要求される拡散スペクトル・クロック(SSC)に対応することが可能となる。

SDA6000AとSDA6020は、SiGeテクノロジを採用した最高水準のフロントエンドを持ち、高速シリアル・データを高精度に細く解析することが出来る。SDA6000AとSDA6020の入力帯域は6GHz、最高サンプリング速度は20GS/s、業界最高水準の1ppmのクロック精度を誇り、信頼性の高い測定を保証する。また、10.4”のカラーTFT-LCDにタッチパネル機能を備えているので、画面を1度タッチするだけで、一般的な機能を即座に利用できる。

また、「SDA-SATA」テスト・ソリューションでSDAの柔軟なクロック・理化張り・オプションを利用すると、実際のレシーバーのPLLを忠実に再現することが出来るので、レシーバーにおける実際のジッタを正確にシミュレートして評価することが出来る。

SDA-SATA製品ページ

【報道に関するお問い合わせ】
レクロイ・ジャパン株式会社
マーケティング・コミュニケーションズ(担当:窪田)
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6
Tel: 03-3376-9400 Fax: 03-3376-9587
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan/

【製品に関するお問い合わせ】
レクロイ・ジャパン株式会社
プロダクト・マーケティング(担当:辻)
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6
Tel: 03-3376-9400 Fax: 03-3376-9587
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan/

What's New(更新履歴)へもどる

ページトップへ