Digital Scopes

お知らせ

2006年2月6日


小型ポータブル・オシロスコープ「WaveJetシリーズ」を発売開始

レクロイ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区笹塚、代表取締役社長:北山基樹)は、コンパクトな設計、高い操作性、明るいディスプレイを備えた低価格のデジタル・オシロスコープ製品としてWaveJetシリーズを本日発売開始しました。WaveJetシリーズは小型でポータブルなオシロスコープとしては比類ないパフォーマンスを誇り、ロングメモリの要求に応えて各チャンネルのメモリを500 kpt装備しました。これは、同等クラスの他の製品と比較して50〜200倍の捕捉時間が実現可能です。

【製品概要】
WaveJetシリーズには2チャンネルと4チャンネルのモデルがあり、100 MHz、200 MHz、350 MHz、500 MHzのバンド幅に対応できます。(合計8機種)最大2 GS/sのサンプリング速度と、1チャンネルあたり500 kptsのロングメモリにより、WaveJetシリーズのパフォーマンスは同等クラスのオシロスコープで最高水準となっています。このロングメモリによって2GS/sで最高250 µsという極めて長い捕捉時間がサポートされます。一方、同等クラスの他のオシロスコープは、同じサンプリング速度でわずか1.25 µsの捕捉時間しか実現できません。WaveJetシリーズでは、ロングメモリによる長い捕捉時間、最大1024画面のページ・モード機能がサポートされるほかに、通常はより高いクラスのオシロスコープに見られる7.5インチの大型カラー・ディスプレイとUSBコネクタを装備しています。

ユーザーは極めて高速の起動時間と自動セットアップ(Auto Setup)機能を利用して、ほんの数秒間で測定することができます。フロントパネルの水平/垂直/トリガ・メニューに1タッチでアクセスでき、プッシュ式ボタン・ノブを利用して遅延/オフセット/トリガのレベルを自動的に設定できます。色分けされたチャンネルLEDによって、現在アクティブなチャンネルが表示するほか、各チャンネルで制御されているトレース(演算トレースまたはズーム・トレース)も明示されます。このようなフロントパネル機能と論理的な画面メニューの組み合わせにより、WaveJetシリーズは真に使いやすいツールとなっています。

データを柔軟に捕捉できることは、オシロスコープにとって重要な機能の1つです。WaveJetシリーズでは、ピーク検出機能で1 nsのグリッチを捕捉する操作や、同等のサンプリング・モードで100 GS/sのサンプリングを行う操作など、エンジニアは極めて柔軟に実行することができます。さらに、WaveJetシリーズには、ロール・モードで低速信号の変動性を監視する機能や、アベレージング捕捉モードでノイズや擬似周波の影響を除去する機能もあります。これらの捕捉モードのほかに、ページ・モード機能では、捕捉済みの波形を独自の方法で分析することができます。ページ・モード機能を有効にすると、捕捉済みの波形の履歴をスクロールして、グリッチ、ラント、その他の信号異常を検出し、イベントの前後に何が起こったのか表示できるようになります。

 

シリーズ

WaveJet 300シリーズ

モデル名

WJ 354

WJ 352

WJ 334

WJ 332

WJ 324

WJ 322

WJ 314

WJ 312

バンド幅 (50Ω)

500MHz

500MHz

350MHz

350MHz

(50Ωなし)

チャンネル数

4ch

2ch

4ch

2ch

4ch

2ch

4ch

2ch

バンド幅 (1MΩ)

500MHz

500MHz

350MHz

350MHz

200MHz

200MHz

100MHz

100MHz

サンプリング速度(/ch)

1GS/s

1GS/s

最高サンプリング速度

2GS/s*

1GS/s

標準メモリ長 ワード/ch

500k

電圧レンジ(1MΩ)

2mV - 10V/div

電圧レンジ(50Ω)

2 mV/div - 1 V/div

-

ディスプレー

7.5インチVGA カラー


WaveJetシリーズ製品ページへ
WaveJetシリーズカタログ
WaveJetシリーズご案内ちらし

 

【会社概要】
LeCroy Corporation は、シリアル・データ通信の解析分野における世界的なリーダーであり、複雑な電気信号の高度な測定・解析装置を製造しています。レクロイが提供する高性能のデジタル・オシロスコープ、シリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは、コンピュータや半導体、データ・ストレージ機器、自動車や産業用機器、軍事産業、航空宇宙産業などの設計技術者によって幅広く利用されています。LeCroy Corporationは40年間にわたって蓄積してきた革新的なテクノロジーによって、波形解析分野における主導的な地位を確立しました。高速信号の捕捉・計測・表示を行う波形解析は、今日の情報・通信テクノロジーを促進するために必要不可欠な要素です。LeCroy Corporationの本社はニューヨーク州チェストナットリッジにあります。


【製品のお問い合わせ】
レクロイ・ジャパン株式会社
プロダクト・マーケティング(担当:辻)
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6
Tel: 03-3376-9400 Fax: 03-3376-9587
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan

【報道のお問い合わせ】
レクロイ・ジャパン株式会社
マーケティング・コミュニケーションズ(担当:窪田)
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6
Tel: 03-3376-9400 Fax: 03-3376-9587
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan

 

 

What's New(更新履歴)へもどる

ページトップへ