Digital Scopes

お知らせ

2007年10月11日


レクロイ社、1GHz帯域に破格のミッドレンジ・オシロスコープ 「WaveSurfer104MXs」と「WaveRunner104MXi」を発売開始
 

【製品概要】

レクロイ・ジャパン株式会社(本社:東京都杉並区久我山、代表取締役社長:辻 嘉樹)は、本日、ミッドレンジ・オシロスコープの中心的マーケットである1GHz帯域に高機能、高性能でありながら破格のコストパフォーマンスを実現した「WaveSurfer104MXs」と「WaveRunner104MXi」の発売を開始しました。「WaveSurfer104MXs 」は、1GHzの帯域と4ch同時を5 GS/sのサンプリング速度、10Mワード/chというロングメモリを有しながら、150万円に価格を抑えました。また「WaveRunner104MXi」は、1GHzの帯域と4ch同時5GS/s、2ch時10GS/sの高速サンプリングと12.5Mワード/ch、2ch時25Mワードのロングメモリを有し、高度な解析機能を搭載して180万円と200万円を切った価格設定としました。今年4月に発表したオプション「MS250/500」を取り付けることでミックスド・シグナル・オシロスコープとして活用することができます。 「WaveSurfer104MXs 」は、従来から好評の「WaveSurfer104Xs 」のサンプリング速度を2.5GS/sから5GS/sに、メモリ長を2.5Mワードから10Mワードと強化、アベレージや微積分などの演算機能、パルス幅トリガやインターバル・トリガなど高機能トリガ機能、HDTV対応のテレビトリガ、先進のドキュメント機能であるLabNotebookを搭載しています。
一方「WaveRunner104MXi」は、これも従来から好評の「WaveRunner104Xi」に、微積分などの演算機能、ジッタ解析、カスタマイズ機能を新たに搭載してました。これらの機能強化により、それぞれクラス最強の製品となりながら価格を抑えたため、破格のコストパフォーマンスを実現しています。

 

【MS250/500 – ミックスド・シグナル・オプション】

ミックスド・シグナル・オプションは、18チャンネル、1GS/s、10Mワードの「MS250」、18チャンネル、2GS/s、50Mワードの「MS500」および「MS500」を36チャンネルに拡張した「MS500-36」の3機種があり、すべてのWaveSurferXsシリーズとWaveRunnerXiシリーズに対応します。最大36チャンネルの入力、2GS/sのサンプリング速度、50Mワードのロングメモリなどクラス最高の性能を誇っていますが、他社のミックスド・シグナル・オシロスコープと異なり、通常のオシロスコープにこのオプションを接続することで、全ての機種がミックスド・シグナル・オシロスコープとして作動するので、購入後の後付け、あるいは複数の本体で共同利用も可能です。

【LabNotebook 統合的情報データベース】

従来、データの保存といえば波形データはチャンネルごと、測定の設定、画面のハードコピーと別々のファイルとなり、そのファイルの関連は別途行わなければなりませんでした。また、呼び出すときも個別に行わなければならないので、以前に行った実験の再現には注意が必要でした。しかしながら、レクロイのLabNotebookは、一度に波形データ、測定の設定、画面のハードコピーをまとめて一つのエントリとして記録します。呼び出しもまとめて一括で呼び出すことができます。しかも、一般的に波形データはメモリ・トレースに呼び出されるのが、LabNotebookでは保存元のトレースに呼び出されるので、保存したときの状態に完全に戻すことができるのです。また、画面のハードコピーには自動で、測定日時や、測定条件などが入れられる他、自由に注釈を入れる事ができるので簡易的なレポートとして利用できます。WaveRunnerXi以上のモデルには標準搭載。今回WaveSurferXsシリーズの中の104MXiにのみ標準搭載となりました。

【WaveScan】

WaveScan」は、100Mワードのロングメモリで捕捉した大量の波形データから一定条件で検索した波形を表形式でリストアップすることができ、またその中から異常な波形を瞬時に拡大波形として確認することができます。あるいは、検索条件を使ったソフトウェア・トリガとしても利用可能なので、長時間にわたる異常波形の捕捉にも利用できます。ロングメモリを最大限に活かす波形検索機能は、WaveSurferXs以上の全てのレクロイ社製WINDOWSベースのオシロスコープに標準の機能です。

【HDTVトリガ】

720p、1080i、1080pのHDTV信号の特定のラインでトリガをかけることができる機能であり、50Hz/60Hzに対応します。

【製品価格(外税)】

WaveSUrfer104MXs 4チャンネル、1GHz、5GS/s、10Mワード/ch:150万円
WaveRunner104MXi 4チャンネル、1GHz、5〜10GS/s、12.5〜25Mワード/ch:180万円

 

WaveSurfer MXs製品ページ

WaveRunner MXi製品ページ

WaveSurfer MXsデータシート(英文:PDF)

WaveRunner MXiデータシート(英文:PDF)

【会社概要】

LeCroy Corporation は、シリアル・データ通信の解析分野における世界的なリーダーであり、複雑な電気信号の高度な測定・解析を行う計測機器を製造しています。レクロイが提供する高性能のデジタル・オシロスコープ、シリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは、コンピュータや半導体、データ・ストレージ機器、自動車や産業用機器、軍事産業、航空宇宙産業などの設計技術者によって幅広く利用されています。LeCroy Corporationは40年間にわたって蓄積してきた革新的なテクノロジによって、波形解析分野における主導的な地位を確立しました。高速信号の捕捉・計測・表示を行う波形解析は、今日の情報・通信テクノロジを促進するために必要不可欠な要素です。
LeCroy Corporationの本社はニューヨーク州チェストナットリッジにあります。
ウェブサイト(http://www.lecroy.com/
仕様は予告なしに変更されることがあります。

【お問い合わせ】

レクロイ・ジャパン株式会社

〒151-0073

東京都杉並区久我山1-7-41

プロダクト・マーケティング 辻

Tel: 03-6861-9400(代表)

Fax: 03-6861-9586

Email: contact.jp@lecroy.com

 

 

What's New(更新履歴)へもどる

ページトップへ