Digital Scopes

お知らせ

2008年4月10日


ミッドレンジ・オシロスコープの強化
WaveSurferMXs、WaveRunnerMXi
好評の高機能ミッドレンジオシロスコープMシリーズを拡充

 

WaveRunner204Xi 2GHz、4ch同時5G/s(2ch時10GS/s)、
12.5M ワード/ch(2ch時25Mワード/ch)

 

レクロイ・ジャパン株式会社(本社:東京都杉並区久我山、代表取締役社長:辻 嘉樹)は、昨年10月に1GHz帯域で発表して高性能/高機能で売れ行き好調なMシリーズを、他の帯域にも展開し、WaveRunnerシリーズに3機種、WaveSurferシリーズに3機種を新たに追加し発売を開始しました。

【製品概要:WaveSurferMXs】

WaveSurfer MXsシリーズは、1GHz、4チャンネル同時5GS/s、10Mワード/chの104MXsに次いで、新たに200MHz、4チャンネル同時2.5GS/s、10Mワード/chの24MXs 、400MHz、4チャンネル同時2.5GS/s、10M ワード/chの44MXs、600MHz、4チャンネル同時2.5GS/s (2ch時5GS /s)、10M ワード/chの64Xsの3機種を追加しました。各帯域において高い基本性能を持ち、全機種共通で高度な波形検索を実現するWaveScan、データの統合保存と自動レポート作成機能のLabNotebook、25種類の自動計測パラメータ、16種類の波形演算機能など強力な機能を標準装備した高機能機種でありながら、タッチスクリーンを標準搭載して操作性を大幅に高めることで、計測作業の省力化に貢献します。また、I2CSPIUART/RS232CANLINなどに対応した強力なシリアル・バス・トリガ/デコード機能や18または36チャンネルのミックスド・シグナル・ソリューションに対応するオプションを用意して拡張性にも優れています。

【製品概要:WaveRunnerMXi】

WaveRunner MXiシリーズは、1GHz、4チャンネル同時5GS/s(2ch時10GS/s)、12.5Mワード/ch(2ch時25Mワード/ch)の104MXiに次いで、新たに400MHz、4チャンネル同時5GS/s(2ch時5GS/s)、12.5Mワード/ch(2ch時25Mワード/ch)の44MXi 、600MHz、4チャンネル同時5GS/s(2ch時10GS/s)、12.5Mワード/ch(2ch時25Mワード/ch)の64MXi 、2GHz、4チャンネル同時5GS/s(2ch時10GS/s)、12.5Mワード/ch(2ch時25Mワード/ch)の204MXiの3機種を追加しました。各帯域において高い基本性能を持ち、全機種共通で高度な波形検索を実現するWaveScan、データの統合保存と自動レポート作成機能のLabNotebook、25種類以上の自動計測パラメータ、26種類の波形演算機能などに加え、プログラミングで自由に演算やパラメータを定義できるカスタマイズ機能、ジッタ/タイミング解析機能などを標準装備した高度なデータ解析対応機種であり、USB2.0やイーサネットのコンプライアンス試験、EMCやパワーメジャメントなどのアプリケーション、I2CSPIUART/RS232CANLINFlexRayなどに対応した強力なシリアル・バス・トリガ/デコード機能や18または36チャンネルのミックスド・シグナル・ソリューションに対応するオプションを用意しています。高度な解析機能も、タッチスクリーン付の10.4インチの液晶画面で対話形式で簡単に操作ができるので、小型軽量の筺体とも相まって気軽に使える高性能機となっています。

【WaveScan】

WaveScanは、単発で捕捉したロングメモリ・データから多様な条件を設定して特定の波形を検索できるだけでなく、検出した波形イベントを表形式で表示したり、ヒストグラム化してばらつきの様子を見ることができます。また、表形式で示されたイベントを指定することで、その波形を自動的に拡大表示して詳細を確認したり、ヒストグラムから検索条件の絞込みを自動で行うなど便利で強力な機能を持っています。また、波形検索条件に合致する波形を検出するまで連続的に信号を捕捉する機能も併せ持っているので、デバッグの現場で大きな力を発揮します。この機能はWaveSurfer MXsおよびWaveRunner MXiシリーズともに標準搭載しています。

【LabNotebook】

LabNotebookは、計測/解析した状態をそのまままとめて保存することができるアーカイブ機能と、自動でレポートを作成するドキュメント機能を持っています。従来、計測/解析した状態を保存しようとすると、各チャンネルの信号波形データ、測定条件、画面のグラフィックと異なる形式の複数のファイルを保存しなければなりませんでした。しかも、各々のファイルの関連性はユーザーが管理しなければなりませんでした。LabNotebookでは、ワンアクションで、必要なファイルが一括で単一のエントリとして保存されるのでわずらわしいファイル管理は必要ありません。しかも、保存されたファイルは一括で呼び出すことができます。しかも従来は、保存した波形を呼び出し専用メモリに呼び出さなければならなかったものが、入力チャンネルのデータはその入力チャンネルにそのまま呼び出されるので、保存された測定条件で設定されたパラメータや演算の設定がそのまま利用できるので、完全な状態で再現が可能です。また保存時には、画面データにメモを直接書き入れることが可能で、簡単な測定条件などを入れた簡易レポートを自動的に作成することができます。この機能はWaveSurferMXsおよびWaveRunnerMXiシリーズともに標準搭載しています。

【シリアル・バス・トリガ/デコード】

I2CSPIUART/RS-232LINCANFlexRay(WaveRunnerMXiのみトリガ機能対応)に対応して、強力なトリガ機能で特定のパケットを選択的に捕らえることができるだけでなく、デコードされたプロトコル情報は、その機能ブロックごとに色分けされて対象の波形の上に重ねて表示することができるので視認性に優れています。ロングメモリのデータでも高速でデコードでき、その内容を表形式で表示できるので簡易的なプロトコルアナライザとしても使えます。表の中から特定のパケットを指定すると自動的に対応する波形が拡大表示されるので、詳細解析にも便利です。この機能はWaveSurferMXsおよびWaveRunnerMXi シリーズともにオプション対応しています。

【ミックスド・シグナル・ソリューション】

MS-250/500は、18または36チャンネルのデジタル・チャンネルを追加します。このクラス最高の500MHzの最高入力周波数に対応し、メモリはオシロスコープのアナログチャンネルとはまったく別なので、どんな設定でも最高50Mptns/chのロングメモリを実現します。また、モジュールになっているのでオシロスコープに接続するだけでミックスド・シグナルの対応できるだけでなく、複数台のオシロスコープで使い回しができる投資効果の高い構成となっています。この機能はWaveSurferMXsおよびWaveRunnerMXiシリーズともにオプション対応しています。

【小型軽量】

2006年1月に発表したWaveRunner64Xiから260cm(高さ)×340cm(幅)×152cm(奥行き)という業界初の小型軽量薄型の筺体に10.4インチの大画面を実現しています。タッチスクリーンの標準採用によりスタイラスを内蔵し、操作性を高めています。

【製品価格(税別価格)】

製品 仕様 価格
WaveSurfer24MXs 200MHz、4ch同時2.5GS/s、10Mワード/ch 95万円
WaveSurfer44MXs 400MHz、4ch同時2.5GS/s、10Mワード/ch 110.2万円
WaveSurfer64MXs 600MHz、4ch同時2.5GS/s(2ch時.5GS/s)
10Mワード/ch
135万円
WaveRunner44MXi 400MHz、4ch同時5GS/s(2ch時.5GS/s)
12.5Mワード/ch(2ch時25Mワード/ch)
147万円
WaveRunner64MXi 600MHz、4ch同時5GS/s(2ch時. 10GS/s)
12.5Mワード/ch(2ch時25Mワード/ch)
170万円
WaveRunner204MXi 2GHz、4ch同時5GS/s(2ch時. 10GS/s)
12.5Mワード/ch(2ch時25Mワード/ch)
250万円

 

WaveRunner MXiシリーズ製品ページへ

WaveSurfer MXsシリーズ製品ページへ

【会社概要】

LeCroy Corporation は、シリアル・データ通信の解析分野における世界的なリーダーであり、複雑な電気信号の高度な測定・解析を行う計測機器を製造しています。レクロイが提供する高性能のデジタル・オシロスコープ、シリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは、コンピュータや半導体、データ・ストレージ機器、自動車や産業用機器、軍事産業、航空宇宙産業などの設計技術者によって幅広く利用されています。LeCroy Corporationは40年間にわたって蓄積してきた革新的なテクノロジによって、波形解析分野における主導的な地位を確立しました。高速信号の捕捉・計測・表示を行う波形解析は、今日の情報・通信テクノロジを促進するために必要不可欠な要素です。
LeCroy Corporationの本社はニューヨーク州チェストナットリッジにあります。
ウェブサイト(http://www.lecroy.com/
仕様は予告なしに変更されることがあります。

【お問い合わせ】

レクロイ・ジャパン株式会社

〒168-0082

東京都杉並区久我山1-7-41

プロダクト・マーケティング 辻

Tel: 03-6861-9400(代表)

Fax: 03-6861-9586

Email: contact.jp@lecroy.com

 

 

What's New(更新履歴)へもどる

ページトップへ