Digital Scopes

お知らせ

2010年4月16日


レクロイ・ジャパン株式会社 日本国内の販売体制変更を発表

【発表内容】

レクロイ・ジャパン株式会社(本社:東京都府中市緑町、代表取締役社長:辻 嘉樹)は、米国レクロイ・コーポレーションと岩通計測株式会社(本社: 東京都杉並区、社長: 斉藤 操、以下岩通計測)の間で結ばれていた販売契約が2010年4月26日をもって終了することに伴い、同4月27日より新たな販売体制を布くことを発表しました。

岩通計測は、2007年4月より米国レクロイ社製デジタルオシロスコープの日本国内における独占販売権を持つ総輸入元として、輸入、販売およびサポートを行ってまいりましたが、レクロイ・コーポレーション(本社:米国 ニューヨーク州 チェストナットリッジ) との独占販売契約が、両社合意の上2010年4月26日をもって終結することに伴い、その業務の全てをレクロイ・ジャパン株式会社に引き継ぐことになりました。

2010年4月27日以降、レクロイ・ジャパン株式会社は、日本国内における米国レクロイ社製デジタルオシロスコープの輸入、販売、サポート、修理・校正および広告、宣伝のすべての業務を行います。また、岩通計測を通して販売した、レクロイ社製デジタルオシロスコープのサポート、修理・校正も全てレクロイ・ジャパン株式会社で行います。
それに伴い、修理・校正の窓口は、2010年4月27日よりレクロイ・ジャパン株式会社が担当いたします。

本発表に伴う連絡先は、それぞれ次のとおりです。
 

岩通計測株式会社 レクロイ・ジャパン株式会社
営業部長 藤原 敏夫
〒168-8511
東京都杉並区久我山1-7-41
電話:03-5370-5474
FAX:03-5370-5492
E-mail: fujiwara@iwatsu.co.jp
営業統括部長 原 直
〒183-0006
東京都府中市緑町3-11-5 芳文社府中ビル3F
電話:042-402-9400
FAX:042-402-9586
E-mail: turbo.hara@lecroy.com

【4月27日以降のお問合せ窓口】
見積/技術的なサポートのお問い合わせ先:
電話:042-402-9400
FAX:042-402-9586

故障、修理、校正に関するお問い合わせ先:
電話:042-402-9401
FAX:042-402-9583

【岩通計測株式会社について】

岩通計測は、1954年に国産初のオシロスコープを開発した歴史を持つ岩崎通信機株式会社[東証:岩通]から分離独立し、2002年10月に東京都杉並区久我山に設立されました。岩通計測は電子計測器および制御装置と各種機器、装置および部品の開発、製造および販売を行っております。また、計測機器システムおよびソフトウェアの開発も我々の重要な商品です。これらの機器の輸出入、工事、保守、修理および校正業務も岩通計測によって提供されます。岩通計測は、社会を豊かにする産業および研究機関に対して、これらの計測機器をご提供し、常に「計測」で社会に貢献する企業を目指しています。(岩通計測ホームページ:http://www.iti.iwatsu.co.jp)

【LeCroy Corporationについて】

LeCroy Corporation は、シリアル・データ通信の解析分野において最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。レクロイが提供する高性能のデジタル・オシロスコープ、シリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは、コンピュータや半導体、データ・ストレージ機器、自動車や産業用機器、軍事産業、航空宇宙産業などの設計技術者に幅広く利用されています。LeCroy Corporationは45年間にわたり、革新的なテクノロジによって、特に波形解析において最高の評価を得てきました。高速信号の捕捉・計測・表示を行う波形解析は、今日の情報・通信テクノロジを促進するために必要不可欠となっており、LeCroy Corporationの持つ技術が大きく貢献できると確信しています。LeCroy Corporationはニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置き、NASDAQに上場しています。詳細については、ウェブサイト(http://www.lecroy.com)をご参照ください。

【お問い合わせ】

レクロイ・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
マーケティング・センター 塩田
Tel: 042-402-9400(代表) Fax: 042-402-9586
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan/
 

What's New(更新履歴)へもどる

ページトップへ