Digital Scopes

お知らせ

2010年6月3日


低価格なミックスド・シグナルオシロスコープパッケージ
MSO Jr.の発売開始を発表

【発表内容】

レクロイ・ジャパン株式会社(本社:東京都府中市緑町、代表取締役社長:辻 嘉樹)は本日、低価格なミックスド・シグナルオシロスコープパッケージ MSO Jr.(エムエスオー・ジュニア)を発表しました。

【製品概要】

MSO Jr.は、PCベースのロジックアナライザ・ポッドと、小型デジタル・オシロスコープ WaveJet300Aシリーズをパッケージした製品です。

ロジック部は、16チャネルのロジック入力を備えています。サンプリングレートは最高で1GS/s(8ch動作時)、アナログ帯域は最高で100MHzに達します。

PCにインストールする専用のソフトウェアは、高速描画をサポートし、ライブ感のある表示を得ることができます。マウスによる直感的な操作が可能で操作体系はシンプルながら、あらかじめ搭載しているツールはユーザにとって便利で且つ十分な解析が可能なようにセットされています。例えば時間軸カーソル、ズーム機能、パン(縮小表示)機能、重ね描き機能、最大で100個の波形をあとで再生できるヒストリ機能など、デジタル回路のデバッグに必要な多くの機能が搭載されています。

また、低速シリアル通信I2C、SPI及びUARTのプロトコル解析機能が標準で搭載されています。低速シリアル通信に対しては、専用のトリガ機能(アドレスやデータ値でのトリガ)も搭載されています。

アナログ部は、レクロイ製 小型デジタル・オシロスコープ WaveJet300Aシリーズを用います。これにより、WaveJet300Aで捕捉したアナログ波形データとロジック信号が、PC上で同じ時間軸で観測できることになり、最高でアナログ入力4ch、ロジック入力16chのMSO(ミックスド・シグナル・オシロスコープ)として利用できることになります。

【販売の狙い】

  1. 視認性向上 今日の組込み機器の開発・設計および製造を通して、アナログ信号とロジック信号を同時に観測する必要性は日増しに高まっています。一方でオシロスコープの画面は表示上の制約があり、ロジック信号を同一画面に表示することは、波形の視認性を確保するのが難しいという課題が常に存在します。今回発表したMSO Jr.は表示部をPCの画面上に持たせるため、オシロスコープ単体に比べて十分に大きな表示を持つことができ、この問題を解決する一つの方法になると我々は考えております。
     
  2. ピンポイントで波形観測 また、MSO Jr.の持つ豊富なトリガ機能は、組み込み機器の製造、或いは最終検査の機能試験段階で、このクラスとしては優れた機能である様々なトリガ機能がその効果を発揮します。 例えばある特定のロジックパターンのシーケンスや、特定のシリアル通信のアドレスで、アナログ信号のレベルを観測するなどの、ピンポイントで観測することができるため、狙ったタイミングでの波形評価が可能になります。
     
  3. 安価なデバッグ環境の提供 さらにMSO Jr.は、安価でありながら充実した基本機能を備えており、オシロスコープと共に使用することでデバッグ環境を強力なものに整備し、開発・設計の早い段階で電子回路の検証作業を行うツールとして、エンジニアの机上で手軽に活躍できるツールと位置づけております。

【直感的で使いやすいユーザインタフェース】

MSO Jr.の制御ソフトウェアは、デジタル回路のデバッグを行う作業を直感的にサポートします。マウスによる操作で日々のデバッグ作業を早く、より簡便に進められるようになるでしょう。例えば波形のスクロール操作は、単に波形を左クリックして移動しドラッグすることで可能です。注目したい波形は、波形をダブルクリックすることで瞬時に中央へ移動、拡大もマウス操作で可能です。 入力される波形は、捕捉から表示まで瞬時に行われます。このため画面の描画更新は早く、またパーシスタンスモード(残光モード)や最大100個の保存波形を呼び出すヒストリ機能は、グリッジなどの不正波形を見分けるのに便利な機能です。拡大機能は、波形の再取り込みをすることなく可能なため、波形検索を素早くサポートできます。時間軸測定は、非常に正確な2つのカーソルを使って表示範囲のどこでも可能です。

図1 MSO操作画面

【充実のトリガ機能】

ロジックアナライザにとって、トリガ機能は大変に重要です。MSO Jr.のトリガ機能は大変に使いやすくなっています。 トリガ機能はAuto、Normal、Singleの3つのモードをサポートしています。Autoモードすなわちフリーラン状態にすることができます。多様なトリガ機能は、多くの捕捉バリエーションを提供します。もちろん単純なエッジによるトリガ、ロジック・ステートトリガなどはサポートされており、先進的なロジックパターンの組合せによるトリガ条件の設定も可能です。 また、下図に示すとおり、データラインの範囲、特定の値の時間を経た後に、別の信号のイベントによるトリガなど、組み合わせて使用するAdvanced Logic トリガ機能を持っております。

図2 複雑なトリガ条件を組み合わせる例

図3 シリアル・トリガ制御画面

【シリアル信号 I2C、SPI、UARTのデコード機能を標準搭載】

MSO Jr. はシリアル通信の信号線を捕捉、表示することができます。シリアル通信は、同時にデコード表示が可能なので、簡易的なプロトコルアナライザとしても使用することができます。

図4 SPIバスのデコード表示

【製品の特徴】

  1. 外部PCベースのMSO
  2. ロジック部 16チャネル入力 1GS/s、 100MHz
  3. シリアル通信I2C、SPI、UARTに対応したトリガとデコード機能
  4. 高速描画によるパーシスタンス表示
  5. マウス操作による直感的な操作
  6. 豊富なトリガ機能

【製品仕様】

型番

ロジック部 アナログ部
入力 帯域 サンプリング速度 入力 帯域 サンプリング速度
MSO Jr. 312A 16ch 100MHz 1GS/s 2ch 100MHz 1GS/s
MSOJr. 314A 4ch 100MHz 1GS/s
MSOJr. 322A 2ch 200MHz 2GS/s
MSOJr. 324A 4ch 200MHz 2GS/s
MSOJr. 332A 2ch 350MHz 2GS/s
MSOJr. 334A 4ch 350MHz 2GS/s
MSOJr. 352A 2ch 500MHz 2GS/s
MSOJr. 354A 4ch 500MHz 2GS/s

MSO Jr.カタログ(PDF)

 

【同梱物】

WaveJet300Aシリーズのオシロスコープに、16chロジックユニット、16ch分のリード・セット、グリップ20個、USBケーブル、BNCケーブルが同梱されます。

【MSO Jr.のソフトウェア動作環境】

Windows XPまたはWindows VISTA

【LeCroy Corporationについて】

LeCroy Corporation は、シリアル・データ通信の解析分野において最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。レクロイが提供する高性能のデジタル・オシロスコープ、シリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは、コンピュータや半導体、データ・ストレージ機器、自動車や産業用機器、軍事産業、航空宇宙産業などの設計技術者に幅広く利用されています。LeCroy Corporationは45年間にわたり、革新的なテクノロジによって、特に波形解析において最高の評価を得てきました。高速信号の捕捉・計測・表示を行う波形解析は、今日の情報・通信テクノロジを促進するために必要不可欠となっており、LeCroy Corporationの持つ技術が大きく貢献できると確信しています。LeCroy Corporationはニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置き、NASDAQに上場しています。詳細については、ウェブサイト(http://www.lecroy.com)をご参照ください。
なお、仕様は予告なしに変更されることがあります。
 

【お問い合わせ】

レクロイ・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
マーケティング・センター 塩田
Tel: 042-402-9400(代表) Fax: 042-402-9586
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan/
 

What's New(更新履歴)へもどる

ページトップへ