Digital Scopes

お知らせ

2010年9月14日


レクロイ・ジャパン株式会社 創立20周年

レクロイ・ジャパン株式会社は、2010年9月14日に創立から20年を迎えました。

1990年9月にLeCroy Corporation100%出資による、レクロイ・ジャパン株式会社が設立されました。発足 当初から東京と大阪に拠点を構え、日本全国のハイテク産業を支えるお客様に対して、LeCroy の高性能オ シロスコープを中心とした汎用計測器を提供して参りました。 以来LeCroy Corporation が発表する製品を、日本のお客様へいち早く紹介し、サービスセンタ、テクニカル サポートの拡充、展示会やセミナーの開催を通じて、LeCroy Corporation の斬新かつ圧倒的な高性能のオ シロスコープを、技術者の皆様の日々の業務にお役立ていただくように努力して参りました。

当社としては、これからも、お客様へ素晴らしい製品とサービスをお届けできるよう、当社のスローガンにある Partner as One の精神の元、全社一丸となって取り組んで参ります。

【レクロイ・ジャパン 沿革】

1990年9月14日 大阪府 吹田市にレクロイ・ジャパン株式会社本社設立
1991年12月 7200 型オシロスコープ出荷開始
1992年1月 9310、LeCroy 931発売開始【世界初の1Mポイントのロングメモリ機】
1996年10月 LC シリーズを発表
【8Mポイントのメモリとカラーグレード表示「アナログ・パーシスタンス機能」】
2000年9月 レクロイ・ジャパン株式会社 創立10周年
2002年10月 SDA6000 を発表 【世界初のシリアルデータアナライザ】
2003年3月 広帯域差動プローブD600シリーズを発表
2003年7月 USB2.0コンプライアンステストパッケージ USB2を発表
2004年6月 PICExpressコンプライアンステストパッケージ SDA-PCIEを発表
2004年12月 LabNotebook をWindows 系オシロスコープに標準搭載開始
2005年2月 シリアルATA コンプライアンステストパッケージ SDA-SATA 発表
2005年4月 サンプリング・スコープ WaveExpertシリーズ発表【世界最高100GHz 帯域】SDA6000 の上位機種として、サンプリングレート40GS/sのSDA11000 発表
2006年1月  WaveRunner Xi シリーズ、WaveSurfer Xsシリーズの発表
【10.4 インチ大画面表示をミッドレンジに導入】
2006年5月 SDA11000 の上位機種として、サンプリングレート60GS/sのSDA18000 発表
2007年3月 高速伝送路のイコライジング・エミュレーションソフトウェア EyeDoctorの発表
2008年7月 新世代オシロスコープ WavePro7Ziシリーズの発表
2009年1月 WavePro7Zi の上位機種WaveMaster8Ziシリーズの発表
2010年9月 レクロイ・ジャパン株式会社 創立20周年

【会社概要】

LeCroy Corporation は、シリアル・データ通信の解析分野において最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。レクロイが提供する高性能のデジタル・オシロスコープ、シリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは、コンピュータや半導体、データ・ストレージ機器、自動車や産業用機器、軍事産業、航空宇宙産業などの設計技術者に幅広く利用されています。LeCroy Corporationは45年間にわたり、革新的なテクノロジによって、特に波形解析において最高の評価を得てきました。高速信号の捕捉・計測・表示を行う波形解析は、今日の情報・通信テクノロジを促進するために必要不可欠となっており、LeCroy Corporationの持つ技術が大きく貢献できると確信しています。LeCroy Corporationはニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置き、NASDAQに上場しています。詳細については、ウェブサイト(http://www.lecroy.com)をご参照ください。

【お問い合わせ】

レクロイ・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
マーケティング・センター 塩田
Tel: 042-402-9400(代表) Fax: 042-402-9586
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan/
 

What's New(更新履歴)へもどる

ページトップへ