ニュース

 2012年7月25日更新

 

広帯域差動プローブの13GHzから25GHzモデルを
アップグレードして発売

広帯域差動プローブ チップモジュール(13GHz〜25GHz)

レクロイ・ジャパン株式会社は、広帯域差動プローブWaveLinkシリーズの13GHz、16GHz、20GHz及び25GHzモデルのチップモジュールをアップグレードして発売します。
新しいチップモジュールは、入力ダイナミックレンジを従来の1.6V(ピーク・ツー・ピーク)から2.0V(ピーク・ツー・ピーク)に拡大しました。また、低周波領域の特性を改善し、帯域全体で使いやすい性能になりました。 この仕様向上を受けて、製品型番をDxx05からDxx05-Aとして発売します。

なお、この製品の販売開始に伴い、従来のDxx05は廃品種となります。

【オーダー・インフォメーション】

モデル名  
D1305-A 13GHz ソルダー・イン・チップモジュール
D1605-A 16GHz ソルダー・イン・チップモジュール
D2005-A 20GHz ソルダー・イン・チップモジュール
D2505-A 25GHz ソルダー・イン・チップモジュール
D1305-A-PS 13GHzソルダーイン・チップモジュール&ブラウジングプローブ一式
D1605-A-PS 16GHzソルダーイン・チップモジュール&ブラウジングプローブ一式
D2005-A-PS 20GHzソルダーイン・チップモジュール&ブラウジングプローブ一式
D2505-A-PS 25GHzソルダーイン・チップモジュール&ブラウジングプローブ一式

WaveLink 13〜25GHz 製品ページ(英文)

プローブ英文データシート(PDF)


【レクロイ・コーポレーションについて】

LeCroy Corporation は、シリアル・データ通信の解析分野において最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。レクロイが提供する高性能のデジタル・オシロスコープ、シリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは、コンピュータや半導体、データ・ストレージ機器、自動車や産業用機器、軍事産業、航空宇宙産業などの設計技術者に幅広く利用されています。LeCroy Corporationは48年間にわたり、革新的なテクノロジによって、特に波形解析において最高の評価を得てきました。高速信号の捕捉・計測・表示を行う波形解析は、今日の情報・通信テクノロジを促進するために必要不可欠となっており、LeCroy Corporationの持つ技術が大きく貢献できると確信しています。LeCroy Corporationはニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置き、NASDAQに上場しています。詳細については、ウェブサイト(http://www.lecroy.com)をご参照ください。

なお、製品の仕様や発表内容は、予告なく変更されることがあります。

【この発表に関する問い合わせ先】

レクロイ・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
マーケティング・センター
Tel: 042-402-9400(代表) Fax: 042-402-9586
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan

 

ニュース一覧へもどる

ページトップへ