PCI Express 2.0プロトコルアナライザ
Summit T28

  •  
  •  
  •  

Summit T3-8は、PCI Expressルートコンプレックスとエンドポイントデバイス間のトラフィックを記録し表示するプロトコルアナライザシステムです。PCI Express 3.0に対応し、さらに下位互換機能を持ち、PCI Express 2.0、1.0の解析を行うことができます。Summit T3-8は拡張トリガ機能やフィルタ機能を搭載し、目的とするPCI Expressトラフィックをクリティカルに補足し記録することができます。記録したトラフィックはアナライザに接続した制御用PCにインストールされた専用アプリケーションソフトウェア上に表示されます。アプリケーションソフトウェアは無償で配布され、アップグレードなどのソフトウェア保守に費用が発生しません。これによりランニングコストを抑え、全体的な導入コスト削減に貢献します。

PCI Express 3.0のテクノロジーは、既存のPCI Express 2.0と比較して2倍転送速度を実現します。これはデータビットレート(5GT/sから8GT/sへ移行)の増加と128b/130bデータエンコーディングを採用(20%のオーバーヘッドが生じる8b/10bデータエンコーディングの廃止)することで達成しています。既存のデータスクランブリング技術の信頼性の向上により、PCI Express 3.0では8b/10bエンコーディングを採用しなくても通信が可能となりました。

 

 

ページトップに戻る

パワフルなCATCトレース表示

他のLeCroy製プロトコルアナライザのようにSummit T3-8は、直観的に理解しやすくパワフルなCATCトレース解析ソフトウェアシステムの影響を多分に受けており、ユーザのPCI Expressトラフィック解析に貢献します。またLeCroy製PCI Expressプロトコルアナライザは高インピーダンス、非干渉プロービングテクノロジにより、測定対象のトラフィックへ影響を与えません。

Lane Swizzling(レーンスゥイズリング)

Summit T3-8は「Lane Swizzling」機能をサポートしています。これはプロトコルアナライザ側で記録するレーンの順番を変更することができる機能で、規格外のMid-Busプローブパッドのレーンレイアウトを行ったり、ボードの設計を簡単にすることができるようになります。 Summit T3-8はレーン配置を正しく、正確に表示することができます。その他にもソフトウェア機能として拡張エラーチェック機能やコンパクトトレース(同一のデータは一つにまとめることで膨大なデータ表示を見やすくする)機能、「シンプル」と「アドバンスト」の独立したレコーディングオプション機能など解析を助ける様々な機能が提供されます。

ビットトレーサ(オプション)

ビットトレーサ(オプション)はトラフィックのバイト単位での記録を可能にし、ロジックアナライザなどを用いた物理層のデバッグのフォーマットと、プロトコルアナライザの論理層のフォーマットを組み合わせ、一つのソフトウェア上に表示させることができます。「オートセンス・リンク機能」は異なるレーン幅をもつデバイス間のネゴシエーションをモニターすることができ、PCI Expressのマルチリンク動作の解析をサポートします。

ネットワーク接続対応

Summit T3-8は標準でイーサネットLANポートに対応しており、LAN経由で接続することによりユーザはプロトコルアナライザシステムを遠隔操作することができます(例えばクライアントソフトウェアをデスクトップシステムに導入し、リモートラボからプロトコル・アナライザの操作を制御可能)。

柔軟なシステム構成

Summit T3-8は〜x4もしくは 〜x8(2台のx8 Summit T3-8をカスケード接続することによりx16にも対応)のいずれか一方を選択することができます。用途や予算に応じて柔軟なシステムを構成することが可能です。さらには上位互換機能を持ちSummit T3-8のGen1/Gen2モデルのユーザが将来的にGen3対応モデルに有償アップグレードすることができます。

様々な環境で採用されているテレダイン・レクロイのPCI Express解析システム

プロトコルアナライザ解析ツールで長い間培ってきた経験をもとに設計されたテレダイン・レクロイのPCI Expressプロトコルアナライザは、PCI Express IPコア、半導体部品、グラフィックスカード、サーバー、ワークステーション、ブリッジデバイス、PCI Expressスイッチなどの多岐にわたる、PCI Expressテクノロジーを採用する機器開発や検証に広く採用され、利用されております。

 

ページトップに戻る

制御用PC要求仕様 Windows® XP, Vista, 7, 8
CPU 1 GHz以上
メモリ 2GB 以上
記録容量 250 MB以上
画面解像度 1024 x 768,16ビットカラー
USB 2.0/Etdernetポート
レコーディングバッファ・サイズ 4 GB
フロントパネルLED 電源,アップストリーム・データアクティビティ (レーンアクティビティ 8 LED , データレート 3 LED), ダウンストリーム・データアクティビティ (レーンアクティビティ8 LED,データレート 3 LED)
フロントパネルコネクタ アップストリーム & ダウンストリーム iPass x8 ポート, トリガーIN/OUT, USB 2.0, Etdernet, エクスパンションカードポート
リアパネルコネクタ AC電源, x16 エクスパンションポート, Sync IN/OUT
外形寸法 395 x 89 x 367 mm
(バンパー付: 418 x 98 x 375 mm)
重量 5.9 kg
必要電源 100-240 VAC, 50-60 Hz, 230W
動作環境 動作時: 0 to 55 °C (32 to 131 °F) 非動作時: -20 to 80 °C (-4 to 176 °F 湿度: 10 to 90% RH (結露なきこと)

 

ページトップに戻る