イーサネット・デコード・オプション
ENETbus D

ENETbus D(イーサネット・デコード・オプション)によりオシロスコープ上でプロトコルを表示し迅速 なデバックを実現します。
 

  •  

主な機能と特長

  • 10BASE-Tおよび100BASE-TX向けのイーサネット・データ層デコード
  • 色分けされたデコードにより、イーサネット・パケットの主要要素(アドレス、エラー情報など)を強調表示
  • 直観的なオーバーレイにより、デコード情報を波形上に直接表示
  • 時間軸またはズーム比率の設定に応じて伸縮するデコード情報
  • デコード・テーブルから簡単に該当個所波形をズーム出来る便利なテーブル表示
  • 特定のイーサネット・フレームのクイック検索機能

物理層の表示を補完するデコード注釈

イーサネット10BASE-Tおよび 100BASE-TXのプロトコル情報は、デ コードされて物理層波形の上部に表示さ れます。プロトコルの様々な部分(宛先、 ソースアドレス、CRCエラーなど)が、 認識しやすいように色分けされます。デ コード注釈の情報は、時間軸またはズー ム比率の設定に応じて伸縮します。長い 捕捉データでも高速のデコード処理が可 能です。 フレームで転送されるデータはフレー ム・レベルとしてだけではなく個々のバ イトレベルでも表示できます。詳細情報 を参照しつつ全体像を把握できます。

デコード情報は、波形情報から素早くデ コードされてオシロスコープ上でプロト コルのトラフィックを見ることができる ので、リンクが確立されて通信が正しく 行われていることを確認することができ ます。また、実際にはアナログまたはデ ジタルに限定されない問題(相互運用性 の問題、はっきりしないエラーの原因、 プロトコル・アナライザでは特定できな い物理層の問題など)をデバッグするの にも役立ちます。

便利なテーブル表示と検索

オシロスコープの捕捉メモリが長いた め、イーサネット転送波形の捕捉時間も 長くなります。デコード情報が対話型の テーブルで表示されるので便利です。ま た、任意のテーブルのエントリを選択し て細かく観察することができます。検索 機能は、プロトコルの詳細(CRCエラー、 データ・サイズ・エラー、その他)を特 定および分離するのに役立ちます。また、 テーブル・データを.csvファイルにエク スポートしてオフラインで解析すること も可能です。

複数のオシロスコープ・プラットフォームに対応

イーサネット10BASE-Tおよび100 BASE-TXデコード・オプションは、 200MHz〜65GHzのリアルタイム帯域 幅に対応した様々なモデルのオシロスコ ープで使用することができます。

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
HDO4K-ENETbus D HDO4000用イーサネット・デコード・オプション
HDO6K-ENETbus D HDO6000用イーサネット・デコード・オプション
HDO8K-ENETbus D HDO8000用イーサネット・デコード・オプション
HDO9K-ENETbus D HDO9000用イーサネット・デコード・オプション
WS510-ENETbus D WaveSurfer510用イーサネット・デコード・オプション
WR6Zi-ENETbus D WaveRunner 6Zi用
イーサネット・デコード・オプション
WPZi-ENETbus D WavePro 7Zi(A)用
イーサネット・デコード・オプション
WM8Zi-ENETbus D WaveMaster 8Zi-B用
イーサネット・デコード・オプション
LM9Zi-ENETbus D LabMaster 9Zi-A用
イーサネット・デコード・オプション
LM10Zi-ENETbus D LabMaster 10Zi用
イーサネット・デコード・オプション


 

ページトップに戻る