ボード線図サンプル・プログラム

概要

WaveAce1000/2000とWaveStationをリモートコントロールして、被測定物にWaveStationから出力した正弦波を入力し、被測定物から出力された信号をWaveAce1000/2000にて捕捉し、振幅や位相を計測して、Excelシートに書き込むExcelのマクロです。

動作

WaveStationのCh1の出力を被測定物に入力し、出力をWaveAce1000/2000にのCh1に接続します。ExcelシートのA列に測定したい周波数を設定します。マクロを起動し、WaveStationとWaveAceのUSB接続のアドレスを入力し、Setupボタンを押します。正常に接続されたあとにStartボタンを押すと、A列に空白行が来るまで上から1行ずつセルに入力されている周波数をWaveStationが出力し、WaveAceで計測された振幅や位相の値がB列やC列の同じ行に記入されます。

必需条件

NI-VISA

対応機種

WaveAce1000/2000、WaveStation

ダウンロード
Excel2002サンプル

ページトップに戻る

技術資料冊子プレゼント

技術資料冊子プレゼント

ウェビナー視聴

Product Resources