パルス・パラメータ解析サンプル・プログラム

概要

上位機種では利用できるトレンドやヒストグラムなどの解析をWaveAce1000/2000で簡易的に体験することができます。

動作

USBで接続されたWaveAce1000/2000オシロスコープから波形データを転送し、波形データに含まれるパルス全てに対して任意のパラメータ計測を行えます。WaveAce1000/2000との接続はActiveDSOを使用します。ActiveDSOのMakeConnectionメゾットで使用する接続文字列をAddressに入力し、チャンネルを選択します。ReadWaveformボタンを押すと、波形が転送されます。パラメータを選択すると、波形内にある全てのパルスに対して該当するパラメータ計測を実行し、リスト表示やトレンド、ヒストグラムを表示します。リスト内のデータを選択すると、選択された波形が拡大されて、下のウィンドに表示されます。

必需条件

ActiveDSO

対応機種

WaveAce1000/2000

ダウンロード
VisualBasic2008サンプル

ページトップに戻る

技術資料冊子プレゼント

技術資料冊子プレゼント

ウェビナー視聴

Product Resources