トリガ時間取得サンプル

 
概要

シーケンスモード時に各セグメントでトリガされた時間を取得し、ファイルに保存するサンプルです。

動作

MakeConnectionに入力された接続文字を使いオシロスコープに接続します。接続はGPIB, Ethernetなどから選択することができます。接続文字の詳細はActiveDSOマニュアルのMakeConnectionを参照してください。Saveボタンによりトリガのデータがオシロスコープより転送され、FileNameで指定されたファイル名+NoでCSV形式のデータが保存されます。ボタンが押される度にNoがインクリメントされるため、ファイルの上書きを防止することができます。リモートで転送されるデータはバイナリ形式のためfloat型に変更する必要があります。データ型の変更用にDataConv.dllを使用しています。

必需条件
  • PC側にActiveDSOがインストールされている事
  • Zipファイルに含まれるDataConv.dllがプログラムと同一のディレクトリにコピーされている事
  • アクイジションモードでシーケンスが選択されている事
対応機種

シーケンス・モードが利用できるWindowsタイプのオシロスコープ

ダウンロード
Visual Basic 6.0 サンプル

ページトップに戻る

技術資料冊子プレゼント

技術資料冊子プレゼント

ウェビナー視聴

Product Resources