PCI Expressデコード表示とプロトコル・アナライザ同期
ProtoSync PE

ProtoSync PEで物理層波形(1)とデータ・リンク層のデコード表示(2)、完全なトランザクション層のプロトコル表示(3)をリンクした例。オシロスコープ表示のデコード・テーブルの項目をタッチするか、プロトコル解析表示のパケットをタッチするだけで、全ての表示が同期して拡大表示されます。

主な特徴

PCI Expressシステムのデバッグを簡素化する強力なツール

オシロスコープは、ハードウェア・エ ンジニアが好むツールですが、シリアル・データ・プロトコルを理解するには限界があります。プロトコル・アナライザはプロトコル解析では強力ですが、物理層波形を表示することができ ません。物理層波形、データ・リンク・デコード情報、完全なトランザクション層プロトコル情報/ビット・トレーサ情報を同時に表示することで、PCI Express Gen1.x、Gen2.0またはGen3.0のコンポーネントやシス テムのデバッグおよび解析が非常に簡素化されます。
 

互いにリンクされた表示による迅速なデバッグ

全ての表示をオシロスコープ上でリンクすることで、全ての情報が簡単に相関し、物理層波形とプロトコル・パケットを同期してズームすることができます。プロトコル・アナライザとビット・トレーサ表示はレクロイ社が提供するハードウェア・プロトコル・アナライザ製品用と同じものなので、ハードウェア・エンジニアとソフトウェア・エンジニアのチーム間のコミュニケーションが簡単になります。
 

複数のオシロスコープで対応

PCI ExpressのGen1.xからGen3.0までの広い応用範囲をカバーするため、このオプションは、2.5GHzから30GHzまでの帯域を持つ幅広いオシロスコープ・モデルに対応します。
 

リンクした表示による迅速なデバッグ

レベルに応じた製品構成

 

ProtoSyncは、物理層波形表示に、先進のプロトコル・アナライザ・ツールを付加します。

プロトコル解析ソフトウェアは、レクロイ社のPETracer(ProtoSync PE)またはPETracer Summit(ProtoSync PE-B)ハードウェア・プロトコル・アナライザ製品ファミリーに提供されるソフトウェアの簡易版です。既にハードウェア・プロトコル・アナライザを使っているエンジニアにとって、非常に分かりやすく、またシグナル・インテグリティを担当するハードウェア・エンジニアとシステム・エンジニア、FPGA/ソフトウエア・エンジニアなどが一緒に複雑な問題のデバッグを簡単に行うことができる環境を提供します。ソフトウェアがオシロスコープ上で動作するため、物理層、プロトコル層の情報全てがいつでも互いに直接リンクしています。プロトコル・アナライザ表示側から、またはオシロスコープ表示側からパケットやバイトにタッチすることで全てが同期してズーム表示することが可能です。どんな場合でも、デコード情報は完璧に物理層の波形に同期していてるので、テーブル表示の項目やプロトコル・アナライザのパケットやバイト表示にタッチして相互に情報の詳細を確認することができるため問題を簡単に理解できます。

外部ディスプレイによる迅速 な作業

 レクロイのZi-EXTDISP-15は、タッチスクリーン付きの専用外部ディスプレイで、直感的なデバッグ環境を提供します。オシロスコープと外部ディスプレイの両方に タッチスクリーンが装備されているので、オシロスコープのデコード情報から、あるいはプロトコル・アナライザのデコード表示から相互に同期操作が可能になります。

PCI Expressリンク層デコード表示

 PCIEbus Dオプションは、直感的な色分けされたリンク層デコード情報を物理層波形に重ねて表示し、 特定の項目をクリックすることで簡単に関連する波形部分をズームすることができる便利なテーブル表示を サポートします。デコード情報は、時間軸の設定やズームの設定に応じて拡大表示されます。(PCIEbus D)

PETracerプロトコル表示

 PETracerプロトコル表示は、ロジカル・レベルでトラフィックを表示するのに優れています。 かつ、複数のレーンに渡って同じ時間軸でバイト・レベルまで降りて確認することができます。 ソフトウェアは下位レベルのプリミティブやデータ構造まで見ることができます。(ProtoSync PE、PE-B)

ビット・トレーサ・ロジック・アナライザ表示

 PETracer Summitのビット・トレーサ表示は、ロジック・アナライザと同様の物理層のトラフィック表示を提供し、 プロトコル・アナライザとロジック・アナライザを2台統合した環境を提供します。 ビット・トレーサと標準のプロトコル表示は、どちらも物理層波形に重ねて表示されたPCI Expressのリンク層デコード情報と同 時に利用でき、 問題の理解を最大限に支援します。(ProtoSync PE-B)

  PCIEbus D ProtoSync PE ProtoSync PE-B
定義
プロトコルの設定 PCI ExpressのGen 1.x、2.0または3.0の選択
開始時のデータ・レイトの選択(2.5、5または8GT/s)
スクランブルのOn/Off(TS2が含まれない場合)
デコード機能
フォーマット PCI Expressデータ・リンク層
デコード表示
PCI Expressデータ・リンク層
デコード表示
トランザクション層プロトコル表示
PCI Expressデータ・リンク層
デコード表示
トランザクション層プロトコル表示
ロジック・アナライザ表示
デコードの設定 PCI Expressデータ・リンク層デコード表示
トランザクション層プロトコル表示
デコード入力 アナログ入力チャンネルとメモリまたは演算トレース全て
デコードする波形の数 送信器または受信器の最大4レーンを同時にデコード
表示位置 オシロスコープの物理層波形の上に重ねて表示 PCIEbus Dと同様+PETracerプロトコル表示 ProtoSync PEと同様+PETracer Summitビット・
トレーサ表示
表示機能 TS1/SKIP、TS2、Electrical IdleまたはError/Unrecognized、Compliance/Modified、Compliance、Compliance Delayed/Modified Compliance Delayed、DLLP、TLP、Logical Idle、EIOS/EOEOS/
FTSを色分け。デコード情報はタイムベース設定に応じて最適化表示
PCIEbus Dと同様+PETracerプロトコル表示 ProtoSync PEと同様+PETracer Summitビット・トレーサ表示
検索機能
パターン検索 Compliance、EIEOS、EIOS、Electrical Idle/Error、DLLP、Logical Idle、SKIP、TLP、TS1、TS2、UnrecognizedまたはAny Typeでフレームを検索 PCIEbus Dと同様+プロトコル・アナライザの拡張検索機能 PCIEbus Dと同様+プロトコル・アナライザの拡張検索機能
その他
対応機種 WavePro 7Zi、WaveMaster 8Zi、WavePro7000、WaveMaster 8000シリーズ・オシロスコープおよび、これらをベースとしたアナライザの全てに対応。対象となるPCI Expressの転送速度以上の帯域と4倍のサンプリング速度を推奨

オーダー・インフォメーション
WM8Zi-PCIEbus D WaveMaster8Ziシリーズ用PCI Expressデコード・オプション
WPZi-PCIEbus D WavePro7Ziシリーズ用PCI Expressデコード・オプション
WM-PCIEbus D WaveMaster8000シリーズ用PCI Expressデコード・オプション
WP7K-PCIEbus D WavePro7000シリーズ用PCI Expressデコード・オプション
ProtoSync PE PCI Expressデコード表示とプロトコル・アナライザ同期
ProtoSync PE-B PCI Expressデコード表示とプロトコル・アナライザ同期+ビットトレーサ表示
ProtoSync PE-B_EXTDISP PCI Expressデコード表示とプロトコル・アナライザ同期++ビットトレーサ表示+外部ディスプレイ

PCI Expressデコード表示とプロトコル・アナライザ同期

PCI Expressデコード表示とプロトコル・アナライザ同期
見積り依頼