デジタル・パワー・マネジメント解析

テレダイン・レクロイの豊富な解析機能を持つオシロスコープは、デジタル・パワー・マネジメントIC(PMIC)、 パワー・インテグリティおよびパワー・シーケンス・テストに必須の機能を提供します。

  •  

高分解能オシロスコープ

テレダイン・レクロイの8チャンネル・オシロスコープは、PMICの複数の相、複数のDC電源/電圧レールおよび他の信号を同時にモニタすることができます。多くの因果関係のあるイベントを捕捉して表示します。また、非常に大きなオフセット調整範囲があるため電圧レールの信号を大きなゲイン/感度設定でDC結合のまま観測することができます。MSOオプションにより、さらに柔軟な測定も行えます。

詳細を見る


豊富なプローブ・ラインナップ

RP4030電源レール・プローブは、±30Vのオフセット、高いDC入力インピーダンスと高感度時における低ノイズを提供します。AP033差動電圧プローブは広帯域でx10のゲインのプローブです。シリーズ/シャント抵抗の電圧のモニタに最適で、リスケール機能を使えばオシロスコープ画面上で電流値の波形を読み取れます。その他にもシングルエンド、差動プローブ、高感度の電流プローブなどがございます。

  • RP4030 電源レール・プローブ(4GHz)
  • 高感度電流プローブ
  • 差動プローブおよびx10ゲインアンプ
  • 低コスト1GHzアクティブFETプローブ

詳細を見る


20以上のシリアル通信規格に対応

一般的に採用されている以下のパワー・マネジメント通信規格をサポートします。


アプリケーション・ソフトウェア

CPUあるいはデバイスの何千ものスイッチング周期にわたるパワー/電圧レールを捕捉し、平均値計測結果を数値および経時変化として表示し、パワー/電圧レールとの関連づけをすることができます。

対応アプリケーション

テレダイン・レクロイは、以下の設計評価やデバックに最適なソリューションを提供します。

  • デジタル・パワー・マネジメント
  • パワー・インテグリティ
  • パワー・シーケンス
  • 動的条件下での多相パワー・マネジメントIC(PMIC)のDC-DCコンバータ制御のテスト
    • PMIC
    • 電圧レギュレータ・モジュール(VRM)
    • Point-of-Load電源(POL)
    • スイッチング・レギュレータ
    • 低ドロップアウト・レギュレータ(LDO)等

電圧レールのパワー・インテグリティ

動的な負荷変動条件下での微小なパワー/電圧レールの変化を理解 し、DCレールのAC挙動の特性評価をするには、優れた振幅精度をもっ た12ビット分解能が必要です。

1GHz帯域で8チャンネル、12ビット分解能のオシロスコープ HDO8108は、多くのユーザに対して豊富で十分な機能を備えてます。また、4GHz帯域のオシロスコープHDO9404は、より多くの帯域幅が必要になるCPU近くのプロービングに対応します。過渡的な変動イベント中の広ダイナミックレンジ信号の捕捉、ノイズ、リップル、ドループ、過渡応答、および周波数成分の計測には高分解能のオシロスコープが最適です。また、RP4030電源レール・プローブは、高い信号忠実度と広帯域(最大4GHz)を持ち合わせ、電源/電圧レールのプロービングが可能です。

クロストークおよび高調波評価

DC電圧レールの変動もしくはスイッチング過渡応答は、垂直ズームを使って詳細に調べることができます。スペクトラム解析とオシロスコープ標準のFFTツールセットにより、さらに詳細に解析することができます。動的な負荷変動条件下での微少な電源/電圧レールの変化を把握し、DCレールのAC挙動の特性評価をするには、優れた振幅精度を持った12ビット分解能が必要です。

ページトップに戻る

電圧レールの起動/シーケンス・タイミング計測

スタートアップ/シーケンスのタイミング・バジェットの評価を行うために、関連したシリアル・データ信号(MSOデジタル入力オプションを使用)と共に最大で8つの電源/電圧レールを同時にモニタできます。ロングメモリを使用することで、より高い周波数の乱れと誤動作の相関をとるために高サンプリング・レートを維持しつつ、スタートアップ/シーケンス・イベントを捕捉できます。スタートアップ中の7つの電圧レールと、一つのレール電流がモニタされています。バスの挙動を捕捉、デコードし、そしてパワーシーケンスのタイミング・バジェットを即座に評価することができます。

PMICの過渡パワー/電圧レール・レスポンス

CPUおよび組込みシステムは動的に負荷が増減します。パワー・マネジメント・システムは、多数のPMIC相に対して適切に電流を配分しつつパワーレールが安定かつ許容範囲に収まる様に応答しなければなりません。HDO8108は8つのアナログ電圧または電流信号を同時にモニタするのに理想的です。直結の場合は、このオシロスコープに元々備わった非常に大きなオフセット調整を利用します。RP4030電源レール・プローブは±30Vのオフセットを加えて、電源/電圧レールを画面中央に配置し高感度レンジ(例えば5mV/div)で観察することができます。12ビット分解能は0.5%精度および広ダイナミックレンジに渡る高精度をもたらします。また、簡単に水平軸方向にも垂直軸方向にもズームを行い、より詳細に波形を見ることができます。

8つのアナログ・チャンネルはより多くのDC電源/電圧レールを
一度に表示することができ、因果関係の理解を 助けることで
生産性を改善します。

同じ過渡レール応答が平均(DC)電圧レールを
サイクル毎に計算された波形(右側上段)で表示されています。
それらは元の捕捉波形と完全な時間相関をもっています。

ページトップに戻る

PMICの電流シェアリング/トラッキング

8チャンネル・オシロスコープは、全PMIC相を簡単に同時に見ることができます。そして残りのチャンネルで他の過渡イベントをモニタすることができます。AP033差動電圧プローブとDA1855A差動アンプは、共にx10ゲインのため電流センス抵抗の非常に低電圧の差動計測を可能にします。DA1855Aの同相信号除去比(CMRR)は非常に優れています。

先進のレール解析ツール

カーソルを使ったり、単純な計測パラメータを使ったりする一般的な計測の操作だけでなく、電圧レールのサイクル毎の解析を実施し、パラメータの平均値を数値テーブルに表示します。さらにサイクル毎波形としてそれらの値の時間変動をプロットすることができます。直感的で取り扱いやすい形でDCレールの挙動を表示します。Zoom+Gate機能を使って長時間補足したデータの特定箇所の詳細を表示することができます。

 

対応機種

外観 モデル名 帯域 備考
HDO8000シリーズ 350MHz〜1GHz
HDO9000シリーズ 1 〜4GHz

ページトップに戻る

Product Resources

Downloads