スイッチング電源解析ソリューション

テレダイン・レクロイでは、豊富な解析機能を持つオシロスコープにより、スイッチング電源解析で起こる様々な問題点・課題を解決いたします。

  •  

関連資料

Note: ダウンロードにはウェブ登録(無料)が必要となります。


SiC/GaN 次世代パワーデバイスの計測方法
 

● デバイスの動的なON抵抗(飽和電圧)を計測できない
● 従来のオシロスコープでは、スイッチング時に発生するオーバー
  シュートや、微小なノイズを正確に計測できない。
● 6kV以上の高電圧に対応した差動プローブがない

テレダイン・レクロイのオシロスコープと差動アンプで、SiC、GaNパワーデバイス計測で起こる問題点・課題を解決いたします。


動作中のスイッチング素子の特性測定でお困りではありませんか?
 

● ON領域での損失を測定が難しい
● 広い電圧スイング波形を観測したい
● 数VのON領域を測定するのが難しい

スイッチング電源開発における素子の損失測定で起こる問題点・課題を解決いたします。


制御ループの解析 
〜電源回路におけるフィードバック・ループの応答測定〜
 

SOA(Safe Operating Area)の測定
〜デバイスのストレス・リミットのモニターによる信頼性の向上〜
 

EV搭載のパワー・デバイスの計測に新境地! 
自動車に搭載されるパワー・デバイスの計測でお困りではありませんか?
 

● スタート時の過渡的な回路挙動を計測したいが、うまく測れない。
● IGBTの飽和電圧:VCE(sat)を動的に測定したいが、適切な方法が見つからない。

自動車に搭載されるパワー・デバイスの計測で起こりうる問題点、課題、解決方法をご紹介します。


高効率インバータ回路の導通損失の測定
 

より高効率なインバータの開 発が求められる中、これまで 以上にスイッチング・デバイ スの詳細な測定が必要となっ てきています。

● 動的な VCE(sat) もしくは VDS(ON)測定の必要性
● 導通時損失測定方法
● 8ビットオシロスコープの測定限界と12bitオシロスコープによる測定
● 差動アンプ(DA1855A)による測定
● Power Analysis Softwareオプションによる測定


ページトップに戻る

英文資料:


Safe Operating Area
 

Every switching device has a maximum voltage, current and power specified by the device manufacturer, displayed on its technical application note. Reliability of the power supply is dependent on not exceeding these limits. Safe Operating Area plots help confirm operating margins.


Power Line Monitoring
 

The Trend function is ideal for monitoring power supply input and output voltages.


Modulation Analysis
 

Pulse Width Modulation (PWM) is commonly used in power supplies and industrial control systems. Teledyne LeCroys oscilloscopes contain a number of functions and parameters to extract the underlying modulation signal, making it possible to assess correct tracking and linearity in PWM regulators/controllers.


Control loop Analysis
 

Every power supply has a feed-back loop that monitors the output voltage or current and keeps the output within acceptable limits.Control Loop Analysis allows close study of this feedback loop.


Poewr-Real and apparent
 

Oscilloscopes measure current and voltage and, through the magic of mathematics, calculate power. Unfortunately, power comes in a large number of guises: instantaneous, real, apparent, and reactive.


Power-Supply Load Regulation Measurement Tools
 

Power supply specifications include a large number of load-dependent parameters including load or output regulation. Teledyne LeCroy oscilloscopes offer parameter math, which helps measure load regulation directly.


Testing Switching Power Devices In-Circuit
 

Although many engineers design and test products which are not power devices just about every engineer needs to occasionally test the quality of the power being supplied. 

ページトップに戻る

主な機能と特長
  • スイッチング素子損失測定
  • 安全動作領域(SOA)
  • 磁気素子のB-Hカーブ測定
  • 制御ループ解析
  • ラインパワー測定
  • 電源出力リップル測定
  • 効率測定

スイッチング素子の高速化、低ロス化が進展しインバータを使用した昨今の高効率電源回路の設計には今まで以上に各部の動作を詳細に解析して進める必要があります。

スイッチングデバイスの高速化によりターンオン/ターンオフ時の損失は低下し、ON時損失をケアする必要がありますが、この測定は数百、あるいは1kV以上の高電圧から数Vの電圧スイングの低電圧側を観測する必要があり主にダイナミックレンジの問題、オシロスコープ自身のオーバードライブ・リカバリ特性の問題から難しい課題でした。

テレダイン・レクロイのスイッチング電源ソリューションは12ビット・オシロスコープHDOシリーズ,WaveRunner HRO 6Ziシリーズやオーバードライブ・リカバリ特性に優れた差動アンプ(DA1855A)を使用する事でこの問題を解決し、高効率スイッチング回路の評価をサポートします。

また、テレダイン・レクロイのスイッチング電源解析オプション(PWR)では、測定波形の自動認識を行いターンオン/ターンオフ/導通/非導通領域を切り分けます。手動でカーソル をあてる事無く、ヒューマンエラーも防ぐことが出来、開発の効率化に役立ちます。

ページトップに戻る

スイッチング電源解析オプション(PWR)
  • ターンオン/ターンオフ/導通/非導通領域の自動切り分けと各エリア損失の自動測定。
  • 制御ループの時間変動測定
  • デバイスの安全動作領域(SOA)マスクテスト
  • IEC 61000-3-2に準拠したラインパワー/ハーモニクス解析
  • 磁気デバイス解析。B-Hカーブ測定
  • 回路効率の測定
高分解能12ビット・オシロスコープ

HDO4000/HDO6000シリーズ
−帯域:200MHz 〜1GHz 
− 12.5Mポイント/ch または50Mポイント/ch
− 12ビット高分解能ADC搭載

高分解能12ビット・オシロスコープ

HRO6Ziシリーズ 
− 帯域:400〜600MHz 
− 64Mポイント/ch
−12ビット高分解能ADC搭載  

差動アンプ

● 優れたオーバードライブ・リカバリ特性 
  x10ゲイン、8000%オーバードライブ時に100ns以下の静定時間(typ.)
● 高精度オフセット電圧発生器=Precision Voltage Generator:PVGの搭載 
  14ビット D/Aによる60ppm精度のオフセット設定

ページトップに戻る

Product Resources

Downloads