ニュース

 2022年3月23日

 

Summit Z58プロトコルエキササイザ/アナライザ

PCI-SIGがテレダイン・レクロイの
PCI Express5.0コンプライアンスソリューションを承認

公式のPCI Expressコンプライアンステストに使用される
SummitRZ58プロトコルエキササイザ/アナライザ

プロトコルテストソリューションの世界的リーダーであるテレダイン・レクロイ(所在地: 東京都府中市、代表取締役: 原 直(はら ただし))は、本日、シリアル拡張バスおよび必要な関連コンポーネントの定義を担当するPCI-SIG(ペリフェラルコンポーネントインターコネクトスペシャルインタレストグループ)がPCI-SIG®コンプライアンス・ワークショップでの公式PCI Express(PCIe®)5.0リンクおよびトランザクションレイヤーのコンプライアンステストのソリューションベンダーとして承認されたことを発表します。

コンプライアンステストにより、設計およびテストエンジニアは、製品の相互運用性とPCIe標準への準拠を確認し、異なるインテグレーター間でのテクノロジーの採用を可能にします。これまでにPCIe3.0(第三世代)および4.0(第四世代)のコンプライアンステスト用機材としてで承認されていたSummit®Z58プロトコルエキササイザ/アナライザは、公式のPCIe 5.0(第五世代)コンプライアンスおよび認定テストでも承認され、リンクおよびトランザクションレイヤーで現在認定されている唯一のテスト機器になりました。 3世代に渡りすべてのPCIeのテストが実施可能です。PCI-SIGのコンプライアンステストに合格することは、機器がPCI-SIGのインテグレータリストに含まれるために必要なステップでもあります。

「PCI-SIGのメンバーとして、テレダイン・レクロイは、PCI Expressエコシステムの実現の一環として、コンプライアンステストに貢献しています」とPCI-SIGの代表であるAl Yanesは述べています。 「このような製品は、PCIe 5.0テクノロジーの実装を検証し、PCIe5.0ソリューションの相互運用性を確保するのに役立つツールをユーザーに提供します。」

テレダイン・レクロイのプロトコルアナライザとエキササイザは、18年前にPCI Expressプロトコルアナライザを市場に投入して以来、PCI Expressテクノロジー開発の最前線に立っており、コンピューター、ストレージ、IoT業界と緊密に連携して、エンジニアが製品に必要とする最も包括的な分析機能を提供しています。すべてのテレダイン・レクロイのプロトコルテストソリューションは、複雑な問題を抱えた開発者にとって、デバッグのために有用な様々な機能、すなわち記録されたトラフィックの階層ビュー、デコードの豊富なライブラリ、リアルタイム統計、プロトコルトラフィックの概要、詳細なエラーレポート、強力なスクリプトによるユーザー定義のテストレポートを作成する機能などにより、プロジェクトを予定どおりに遂行する機会を提供できます。

オーダーインフォメーション

製品名 仕様
Summit Z58 PCIe5.0エキササイザ/アナライザ

製品ページ(英文)

Teledyne LeCroy Inc.について 

Teledyne LeCroy Inc. は最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。Teledyne LeCroy Inc.が提供する高性能のデジタル・オシロスコープおよびシリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは多くの分野の電子設計技術者に幅広く利用されています。Teledyne LeCroy Inc.はニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置いています。詳細については、ウェブサイト(http://teledynelecroy.com)をご参照ください。なお、製品の仕様や発表内容は、予告なく変更されることがあります。

この製品に関する問い合わせ先

テレダイン・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
プロトコル・ソリューション・グループ 塩田 豊文
Tel: 042-402-9402    Fax: 042-402-9586
Email: lecroy.contact.japan@teledyne.com

 

ニュース一覧へもどる

ページトップへ