Digital Scopes

シリアルATAソリューションセミナーのご案内


シリアルATAハードディスク・ドライブを組み込んだ商品設計を行っているお客様、これからシリアルATAハードディスク・ドライブを採用することを検討しているお客様方を対象に、シリアルATAとパラレルATAの差異に関する概略解説、シリアルATAハードディスク・ドライブの解析や検証用ツールについての紹介を兼ねたソリューションセミナを開催いたします。

プログラム:
13:00-13:20 受付
13:20-13:35 ご挨拶など
13:35-14:35 シリアルATAの仕様と概要
14:35-14:50 休 憩
14:50-15:50 シリアルATA実機でのプロトコル層の見え方、デバッグ
15:50-16:05 休憩
16:05-16:35 シリアルATA物理層のコンプライアンステスト
16:35-17:20 シリアルATA HDDの評価方法、コンプライアンステスト
17:20-17:30 質疑応答
セミナー内容:
  • シリアルATAの仕様と概要
    シリアルATAの物理層からプロトコル層までご説明いたします。また、シリアルATAとパラレルATAの違いについてわかりやすく解説します。
     
  • シリアルATA実機でのプロトコル層の見え方、デバッグ
    実際のシリアルATA HDDをPCと接続して、プロトコルアナライザでトレースした結果の説明、HDDとPC間エラーを入れたテストを説明します。
     
  • シリアルATA物理層のコンプライアンステスト
    オシロスコープを用いてシリアルATAの物理層のコンプライアンステストについて解説いたします。
     
  • シリアルATA HDDの評価、コンプライアンステストの評価方法
    シリアルATA HDDのQ-depthによるパフォーマンス測定、プロトコルのコンプライアンステスト方法について説明します。
日時: 2007 年5 月25 日(金)13:30-17:30
2007 年6 月 1 日(金)13:30-17:30
受講料: 無料
定員: 70 名様(両日とも)
開催場所: 東陽テクニカ テクノロジー・インタフェースビル 9 階セミナルーム
地図
申込み: セミナー申込はこちらから

定員になり次第締め切りとさせていただきますのでぜひ、お早めにお申込み下さい。尚、お預かりした個人情報は本セミナーに関する業務の他、当社業務のご案内以外の目的で利用したり、第三者に提供することはありません。

受講票: お申し込み後、自動的にセミナ申し込み確認メールが送信されます。当日そのメールを印刷の上、名刺とともにセミナー会場受付までお持ちください。
セミナ申し込み確認メールがお手元に届かない場合は、お手数ですが下記のセミナ担当までご連絡ください。
お問合せ:

株式会社東陽テクニカ プロトコル・ソリューション・グループ
SATAソリューションセミナ担当
TEL:03-3245-1249
Email:psg_sales@toyo.co.jp

主催: 株式会社東陽テクニカ プロトコル・ソリューション・グループ
http://www.toyo.co.jp/psg/event_070525.html

 

セミナーページへもどる