MDIコンプライアンス・テスト・オプション
BroadR-ReachQPHY-1000Base-T1-TDR

(WavePulser40iX用オプション)

QPHY-1000Base-T1-TDRは、1000Base-T1 (IEEE 802.3bw)およびTC8仕様に記載されている、1Gb/s車載イーサネットのMDI Sパラメータ・コンプライアンス・テストおよび評価を自動化します。リターンロス(Sdd11)とモード変換ロス(Sdc11)は、WavePulser 40iX TDR測定器を用いて測定します。 

QPHY-1000BASE-T1-TDRの詳細

  •  
主な機能と特長
  • 1000Base-T1(IEEE 802.3bp)およびTC8に対応
  • 高度な自動化による使いやすさ
  • 内蔵自動Sパラメータ校正
  • テストフィクスチャまでのケーブル特性を自動でディエンベッド
  • 合否判定結果を含むレポート作成
  • すべてのMDI Sパラメータ・テストに対応
    • MDIリターンロス(Sdd11)
    • MDIモード変換ロス(Sdc11)
       
自動コンプライアンス試験

QPHY-1000Base-T1-TDRは、1000Base-T1、TC8の各仕様に準拠したPMA(Physical Media Attachment)のMDI Sパラメータ・コンプライアンス・テストを行います。詳細な接続図により、適切なセットアップが可能です。テストが完了すると、結果はスクリーンショットを含む包括的合否レポートに自動的にまとめられます。

Sパラメータの自動校正とケーブルのディエンベッド 

QPHY-1000Base-T1-TDRは、必要な基準面の校正を自動的に行い、テストフィクスチャへの接続に使用したケーブルを自動的にディエンベッドします。

MDIリターンロス(Sdd11)簡易コンプライアンス・テスト

リターンロスは、MDI(Medium Dependent Interface)で測定され、インピーダンスの不整合により反射した差動信号電力と、差動で入射した信号電力との比(差動対差動)を表します。さらに、差動特性インピーダンスを測定します。100BASE-T1および1000BASE-T1準拠のデバイスでは、理想的には100Ωとなります。

MDIモード変換ロス(Sdc11)簡易コンプライアンス・テスト

モード変換損失はMDIで測定され、DUTとテストフィクスチャの両方についてインピーダンス・ミスマッチにより反射された差動信号のパワーと、入射同相モード信号のパワー比(同相に対する差動の比)となります。
さらに、差動モードと同相モードの特性インピーダンスを測定します。100BASE-T1および1000BASE-T1準拠のデバイスでは、理想的にはそれぞれ100Ωと25Ωになります。

信頼性の高いテストフィクスチャの特性評価

MDIのSパラメータとモード変換損失を測定する際には、テストセットアップ内のケーブルとテストフィクスチャのインピーダンス・バランスが重要です。WavePulser 40iXは、ケーブルやテストデバイスのインピーダンスプロファイルを測定し、2つの信号D+とD-の経路が同一であり、電気的な違いから発生するモード変換がないことを確認します。DUTのMDIをテスト機器に接続するために使用されるテストフィクスチャの特性を正確に評価することで、使用されているフィクスチャがMDIの要求に比べて十分なモード変換損失マージンを持っていることを確信することができます。

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
QPHY-1000BASE-T1-TDR 1000BASE-T1MDIコンプライアンス・テスト・オプション

ページトップに戻る