56G PAM4

56G PAM4テストソリューション
QPHY-56G-PAM4

PAM4インタフェースは、急速に進展する規格に従い、28Gbaudの速度でありながら56Gb/sのデータ・レイトを実現しますが、この規格では、設計者や試験技術者に新たな計測の課題が提示されています。テレダイン・レクロイのQPHY-56G-PAM4コンプライアンス・テスト・オプションは、OIFのCEI-56G-PAM4規格およびIEEEの802.3のPAM4に関連した規格に準拠した試験を自動的に簡単に行うことができます。

QPHY-56G-PAM4の詳細

  •  
主な機能と特長
  • 56Gb/s(28Gbaud)のPAM4インタフェースの送信機試験を自動化
  • 以下の規格に準拠
    • OIF CEI-56G-VSR-PAM4
    • OIF CEI-56G-MR-PAM4
    • OIF CEI-56G-LR-PAM4
    • IEEE 802.3bs
    • IEEE 802.3cd
  • 以下の測定を含む
    • Eyeパターン
    • Eye WidthとEye Height
    • 直線性 (RLM とアイの直線性)
    • 信号と雑音成分および歪成分の比 (SNDR)
    • 遷移時間
    • Linear fit pulse peak
    • PAM4ジッタ計測
  • Virtual Probe技術を用いて、テスト・フィクスチャをデエンベッド、リファレンス・チャンネルをエミュレートおよびコンプライアンス・ボードのシミュレーションを実行
  • CEI 56GのリファレンスCTLEのピーキングを最適化するための簡単なユーティリティを含む
  • 従来のNRZ信号伝送に必要な帯域よりも狭い帯域でも高いデータのスループットを実現できるPAM4信号伝送の全ての試験の情報をまとめた統合的なレポートを作成
複雑なテストを簡略化

標準的なコンプライアンス・テストの作 業は、しばしば困難なものとなります。ユ ーザーは、オシロスコープと被測定デバイ スを正しく接続し、計測に対してオシロス コープを適切に手動で設定します。さらに テスト仕様で規定された手順を実行し、 結果を記録し、最後に対応するコンプラ イアンス仕様のリミットと比較する必要 があります。QPHY-56G-PAM4はこう した多くのステップの自動化することに より、テスト時間を短縮して再現性と信 頼性を向上します。

ジッタ測定をより簡単に

ジッタ測定は事実上すべての高速シリアル送信機テストに定着ていますが、PAM4ベースの信号伝送技術にはジッタ解析への新しいアプローチが必要です。QPHY-56G-PAM4は非相関ジッタ(UJ)の分布を捕捉信号波形の上段、中断、下段それぞれのEyeから抽出します。それらから、規格で求められるジッタパラメータを計算します(非相関、非有界ガウシャンジッタ(UUGJ)、非相関、非有界、高確率ジッタ(UBHPJ)とEven-Oddジッタ(EOJ))

CTLEの最適化設定

CEI-56G-VSR-PAM4のようないくつかのPAM4規格ではオシロスコープにピーキングのレベルが可変可能なCTLEリファレンス・レシーバを実装することを要求します。テスト中の特定信号に対して最適なCTLEピーキングを選択することは最良の結果を得るために非常に重要です。QPHY-PAM4-56Gはそれに続くテストで使用する最適なCTLEピーキング値を決定するための高速で、簡単な実用的テストを含みます。

容易に行えるリファレンス・チャンネルのエミュレート

いくつかのPAM4ベース規格ではコンプライアンス・ボードの使用が必要です。物理層コンプライアンス・ボードを使用する場合、QPHY-56G-PAM4はバーチャル・プロービング技術を使用して理想的なコンプライアンス・ボードの挙動をエミュレートできます。また、多くの場合必要なSパラメータも含んでいます。遠端測定を行う場合において、必要なリファレンス・チャンネル・モデルが付属しており、仮想信号パスに自動的に挿入されます。

QualiPHY

QualiPHYは高速シリアル・バスのコンプライアンス・テストに必要な知識がなくとも、短時間で簡潔に実行できるよう設計されています。

  • 各テスト設定ごとにユーザに手順を指示
  • 関連するテスト手順に従って各測定を実行
  • 該当する仕様リミット値と各計測値を比較
  • 全ての測定結果をまとめてレポートを作成
  • QualiPHYならユーザが正しい方法でテストを実施可能

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
QPHY-56G-PAM4 56G PAM4コンプライアンス・テスト・オプション

推奨機種

モデル名
LabMaster 10-50Zi-A
10-59Zi-A/10-65Zi-A/
10-100Zi-A
50/59/65/100GHz、160GS/s, 2ch、64Mポイント/ch、50Ω入力、LabMasterアクイジション・モジュール
SDA MCM-Zi-A SDAコントロール・モジュール

準対応機種*

モデル名
LabMaster 10-30Zi-A/
10-36Zi-A
30GHz、80GS/s、64Mポイント/ch オシロスコープ
WaveMaster 830Zi-B SDAコントロール・モジュール
*テスト内容により上記機種よりも広い帯域が必要となる場合がございます。詳しくはお問合せください。

ソフトウェア・オプション

モデル名
LM10Zi-SDAIII、WM8Zi-SDAIII
SDAIIIシリアル・データ解析
(SDA MCM-ZiおよびSDA 8Ziシリーズには標準添付)
LM10Zi-PAM4、WM8Zi-PAM4 PAM4信号解析
LM10Zi-VIRTUALPROBE
WM8Zi-VIRTUALPROBE
高機能デエンベッド、エミュレーションおよびバーチャル・プロービング・ツールキット

ページトップに戻る