Digital Scopes

お知らせ

2005年9月28日


レクロイ − UWBUltra Wideband)無線通信を解析する、プロトコル・アナライザ・システム「UWBTracer」を発表

WUSB(Wireless USB)、WiMedia、UWB MAC-PHYインタフェース規格を準拠する、無線通信を解析する新しいプロトコル・アナライザ・システム「UWBTracer」が、製品開発ライフサイクルの各ステージで有用な情報を提供


ニューヨーク州チェストナットリッジ − 速報
シリアル・データの解析ソリューションで業界をリードするレクロイ(LeCroy Corporation)は本日、UWBTracer™システムのリリースを発表しました。このUWBTracer™システムは、USB-IF規格に準拠するWUSB(Wireless USB)およびUWB(Ultra Wideband) WiMedia™による無線通信を解析する業界最先端のプロトコル・アナライザです。また、レクロイはUWBTrainerトラフィック・ジェネレータ・システムを提供することも発表しました。USBを現在利用しているユーザーは、有線式アダプタのデコードをサポートするように、USBプロトコル・アナライザの機能をアップグレードすることができます。最初のUWBプロトコル・アナライザであるUWBTracer MPIシステムの導入が成功した結果、これらのUWBTracer製品の発表に至りました。UWBTracer MPIシステムは現在、MAC-PHYチップセットを取り扱う設計エンジニアによってUWB開発の初期段階で利用されています。

UWBTracerプロトコル・アナライザは、USB/Bluetoothプロトコル解析ツールで業界をリードするレクロイのプロトコル・ソリューションズ・グループ(旧CATC社)によって開発されました。CATC社は商用のUSB/Bluetoothプロトコル解析機器をリリースした最初の企業でしたが、今回、USBとBluetoothの両テクノロジーにおける経験を活かし、UWBの設計/開発コミュニティに対して最先端の製品オプションを提供するに至りました。

UWBTracerシステムには、無線通信におけるトラフィックとWiMediaトラフィックの捕捉とデコードを行う機能があります。また、モジュール間またはチップセット間のMAC-PHYインタフェースの完全捕捉と解析を行う機能もあります。UWBTracerによる無線通信の解析とMPIレコーディングを組み合わせて利用すると、製品開発ライフサイクルの各ステージで有用な情報を得ることができます。MAC-PHY通信パスの初期デバッグから様々なWiMediaデバイス間の実質的な相互運用性テストまでをサポートするUWBTracerシステムは、WUSBチップセット、デバイス、ソフトウェアの製品化までの期間を短縮することを目的として設計されています。また、複合的な相関関係モデルと暗号化機能をサポートする機能もあります。

UWBTracerに組み込まれたCATC Trace™ソフトウェアには、WiMediaフレームからWUSBトランスファに至るプロトコル・トラフィックを論理的に編成して階層的に表示する機能があります。この解析/制御ソフトウェアでは、強力なトリガリングやフィルタリング、捕捉したトラフィックに関連するプロトコル概要を説明するポップアップ・ツールヒントなど、レクロイとCATCのユーザーが期待するすべての機能がサポートされます。また、高度な検索機能を使用して、特定のMPIイベントやWireless USBイベントを検出することも可能です。さらに、リアルタイムの統計解析機能を通じて、完成製品の動作や性能に関する詳細な分析が可能となります。

レクロイのプロトコル・ソリューションズ・グループ、マーケティング・ダイレクタ、James Wrightのコメントです。「レクロイはUSBの分野で10年間、Bluetoothの分野で6年間の経験を持ち、WiMediaおよびWUSBコミュニティと密接に連携しているため、設計/解析チームがこれらの画期的なテクノロジーに対して持つニーズを把握しています。レクロイはこれらのニーズを満たすことを最重点課題と考えています。レクロイのこの基本方針は、MAC-PHYインタフェース用のアナライザ分野に早い時期に参入したこと、有線式アダプタのデコードをサポートするようにUSBアナライザ製品をアップデートしたこと、新しいUWBTracerアナライザとUWBTrainerトラフィック・ジェネレータを導入することなどの事実によっても裏付けられています。」

Alereon のCEO、Eric Broockman氏のコメントです。「レクロイは長年の経験を活かしてUWBTracer製品をリリースし、MPIインタフェースを使用する無線UWBトラヒックの解析を簡素化しました。UWBTracerプロトコル・アナライザにはWUSB(Wireless USB)パケットとWiMediaパケットを簡単に解析する機能があるため、Alereonの480Mbps EVB-4400など、WiMedia MPIインタフェースに準拠する製品を短期間で市場投入することが可能になります。設計・製造プロセスを効率化するのに正に理想的なツールと言えます。」

UWBTracerアナライザについては、2006年第1四半期に出荷を開始します。UWBTrainerについても、順次出荷を開始する予定です。USBの現在のユーザーは、2005年第4四半期に有線式のデコード機能を利用できるようになります。詳細情報については、レクロイまでお問合せください。

製品ページ

UWBTracer™ MPIカタログ(PDF)


【会社概要】
LeCroy Corporation は、シリアル・データ通信の解析分野における世界的なリーダーであり、複雑な電気信号の高度な測定・解析装置を製造しています。レクロイが提供する高性能のデジタル・オシロスコープ、シリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは、コンピュータや半導体、データ・ストレージ機器、自動車や産業用機器、軍事産業、航空宇宙産業などの設計技術者によって幅広く利用されています。LeCroy Corporationは40年間にわたって蓄積してきた革新的なテクノロジーによって、波形解析分野における主導的な地位を確立しました。高速信号の捕捉・計測・表示を行う波形解析は、今日の情報・通信テクノロジーを促進するために必要不可欠な要素です。LeCroy Corporationの本社はニューヨーク州チェストナットリッジにあります。詳細については、ウェブサイトをご参照ください。

【製品のお問い合わせ】
レクロイ・ジャパン株式会社
プロダクト・マーケティング(担当:辻)
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6
Tel: 03-3376-9400 Fax: 03-3376-9587
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan

【報道のお問い合わせ】
レクロイ・ジャパン株式会社
マーケティング・コミュニケーションズ(担当:窪田)
〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-1-6
Tel: 03-3376-9400 Fax: 03-3376-9587
Email: contact.jp@lecroy.com
http://www.lecroy.com/japan

What's New(更新履歴)へもどる

ページトップへ