ニュース

 2013年3月8日

 

NRZ デコード

カスタムプロトコルの設計デバックを簡素化する
マンチェスターデコードとNRZプロトコルデコードオプション発表
-業界初 任意設定可能なデコード解析機能が複雑なプロトコルを解明‐

テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社(東京都府中市、代表取締役社長:原 直)は、本日、テレダイン・レクロイ社製の多くのオシロスコープに対応した 業界初のマンチェスターとNRZプロトコルデコーダを発表しました。デコーダは、ユーザーがマンチェスターまたはNRZエンコード信号の物理層特性の広い範囲を指定することができます。デコーダは、ビットからワード、ワードからフレームへのグルーピングを定義し、それら 汎用的な符号化スキームに基づいて、カスタムまたは独自のプロトコルのデコードを実施いたします。デコードされた情報は、その後、直接物理層波形の上に色分けされたオーバーレイで表示されます。

柔軟性のある、ユーザ定義可能なプロトコル·デコード

今日のデータ通信プロトコルの多くは、マンチェスターまたはNRZエンコードに基づいて構築されます。建築物の光をコントロールするためのDigital Addressable Lighting Interface (DALI)や車載アプリケーションのコントローラにセンサを接続するために使用されるペリフェラルセンサインタフェース5(PSI5)、標準化されていないプロトコルに使われているカスタムバス、この範囲のようなプロトコルアプリケーションこれらすべてのケースで、 基本的なマンチェスターとNRZ方式は、より複雑で専門的なプロトコルを作成するために使用されています。世界中の設計者がこれらのプロトコルを使用したシステムを開発およびデバッグしており 、プロセスを簡素化するためにバス解析ツールを探しています。

本日発表しましたマンチェスタ ーおよびNRZプロトコルデコーダは物理層の特性、プロトコルワードやフレーム構造だけでなく、他のパラメータの点においても幅広い柔軟性を提供することによって、カスタムプロトコルの設計・デバッグのプロセスを 支援します。また本デコーダは、10ビット/秒から10Gビット/ sまでのビットレートを指定することもできます。アイドル状態、同期ビット、ヘッダーとフッターの情報は、すべてのカスタムプリアンブルまたはCRCの詳細をデコードするように構成することができます。 またデコード機能は非常に柔軟に設計されています。 データモードでは、ビットまたはワードにすることができ、ASCII 、16進数 、または10進数での表示、 ビット順序は、LSBまたはMSB  に対応しています。

デコードされた情報は、オシロスコープにて色分けされたオーバーレイで表示され、 ユーザがオシロスコープのタイムベースを調整するのに伴って拡張されたりコンパクト表示されたりします。 あるいは詳細を確認する為 に該当部分をズームアップすることも可能です。

【対応機種】

WaveSurfer MXs-Bシリーズ、HDO4000/6000シリーズ、WaveRunner 6Ziシリーズ、 WavePro/SDA/DDA 7Zi/Zi-Aシリーズ、WaveMaster/SDA/DDA 8Zi/Zi-Aシリーズ、LabMaster 9Zi-A/10Ziシリーズ

【オーダー・インフォメーション】

製品名 仕様
Manchesterbus D

マンチェスターデコードオプション

NRZbus D

NRZプロトコルデコードオプション

Manchesterbus D製品ページ

NRZbus D製品ページ

 

【Teledyne LeCroy Inc.について】

Teledyne LeCroy Inc. は、シリアル・データ通信の解析分野において最先端の高度な測定・解析が行える計測機器を製造、販売しています。Teledyne LeCroy Inc.が提供する高性能のデジタル・オシロスコープ、シリアル・データ・アナライザ、プロトコル・アナライザは、コンピュータや半導体、データ・ストレージ機器、自動車や産業用機器、軍事産業、航空宇宙産業、テレコミュニケーション産業などの設計技術者に幅広く利用されています。Teledyne LeCroy Inc.は48年間にわたり、革新的なテクノロジによって、特に波形解析において最高の評価を得てきました。高速信号の捕捉・計測・表示を行う波形解析は、今日の情報・通信テクノロジを促進するために必要不可欠となっており、Teledyne LeCroy Inc.の持つ技術が大きく貢献できると確信しています。Teledyne LeCroy Inc.はニューヨーク州チェストナットリッジに本社を置いています。詳細については、ウェブサイト(http://www.teledynelecroy.com)をご参照ください。
なお、製品の仕様や発表内容は、予告なく変更されることがあります。

【この発表に関する問い合わせ先】

テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社
〒183-0006 東京都府中市緑町3-11-5
マーケティング・センター
Tel: 042-402-9400(代表) Fax: 042-402-9586
Email: contact.jp@teledynelecroy.com
http://teledynelecroy.com/japan/

 

ニュース一覧へもどる

ページトップへ