高精度差動アンプ

スイッチング電源、モーター・ドライブ回路、照明器具などの電気機器は、パワー・デバイスを用いたスイ ッチング技術が利用されています。

優れたオーバー・ ドライブ・リカバリー特性(数100Vもの電圧振幅の波 形の一部(数ボルト程度)をクローズ・アップして波 形観測しても、信号の再現性が非常に優れている)を 持つ高精度差動アンプは、MOS-FET/IGBTのスイッチ ング時のON抵抗損失(導通損失)やターンON/ターンOFF時の損失を正確に測定することができます。

  •  
  •  

DA1855A

モデル DA1855A
ゲイン x1、x10
ゲイン精度 ±1%
減衰率 ÷1、÷10
周波数帯域 100MHZ
立上がり時間 <3.5ns
出力インピーダンス 50Ω
最大出力電圧(50Ω負荷時) ±0.5V
入力抵抗 1MΩ又は、100MΩ
入力容量 20pF
帯域制限 20MHz, 1.0MHz, 100kHz
入力ノイズ <70nV√Hz@10KHz(x10)
CMRR(同相信号除去比) 同相信号除去比の特性図参照
入力保護 ±250Vを超えると自動的に入力遮断
(手動復帰)
高精度
電圧源
(オフセット
機能)
出力電圧範囲 ±15.5V(1倍)
DC精度 読み出し値の0.05% +500μV(15〜45℃)
分解能 100μV
温度係数 フルスケールの5ppm/℃以下(代表値)
電源 電圧 90〜264V AC
周波数 45〜66Hz
電力 最大28W
動作温度 0 〜50℃
保存温度 −40〜75℃
寸法 DA1855A 7.29cm(H)×2.12cm(W)×23.2cm(D)
DA1855A-PR2 8.75cm(H)×43.9cm(W)×42.5cm(D)
質量 DA1855A 3.12Kg
DA1855A-PR2 11.3Kg


差動アンプ用差動ペア・プローブ

モデル 減衰率 周波数
帯域
立上がり
時間
入力抵抗 入力容量 最大入力電圧
(DC+Acpeak)
ケーブル長
DXC100A ÷10, ÷100 100MHz 3.5ns 1MΩ±1% 10.5±0.5pF 500V 1.2m
DXC200 ÷1 50MHz  7ns 1MΩ/100MΩ   50pF 接続アンプによる 0.7m
DXC5100 ÷100 100MHz 3.5ns 10MΩ 2.75pF ±400V 3.1m

*外部パッシブ・アッテネータDA101(10:1)を使用時には2500V



ページトップに戻る

また、DA1855Aは、高精度の電圧源を搭載しています。専用差動ペアプローブの減衰率との組み合わせによ り±155V(専用差動ペアプローブと差動アンプの組み合わたシステムの減衰率1倍、10倍の時)から±1550V (システム減衰率100倍の時)までのDCオフセット電位 を設定できます。その為、グランド電位を基準としな い回路におけるMOS-FETなどの数100V以上にも及ぶド レイン-ソース間のスイッチング波形のトップ若しくはベース部をDC結合で観測することができます。

この高精度差動アンプは、ProBusインターフェースに 対応している為、差動アンプをレクロイのオシロスコ ープに接続するとオフセット電圧、電圧レンジ、周波数帯域制限などの制御をオシロスコープ側から行なうことができます。また、DA1855Aの2chバージョンの DA1855A-PR2も用意しております。

 
DA1855A高精度差動アンプ

DA1855A:同相信号除去比 対 周波数特性
(ゲイン1倍、10倍減衰率1)

DA1855A-PR2


 DXC100A
ペア・プローブ

 DXC200
ペア・プローブ

 WaveRunner
6000シリーズ、
WavePro
7000シリーズに必要

 DA101 + DXC5100
ペア・プローブ

 DA101
外部パッシブ・アッテネータ

 DCS015
電流プローブ用調整ジグ
 

 

ページトップに戻る