ビットエラーレート・テスタ
PeRT Phoenix

  •  
  •  
  •  

PeRT3 ハードウェア・プラットフォーム

モデル名 内容
PER-R008-S01-X PeRT3 Phoenix R8 プラットフォーム・ハードウェア
PER-R008-10G-A Phenix 10G ライセンス
PER-R008-10U-X Phoenix 8G to 10Gアップグレード *シリアル番号90xx および91xxに対するハードウェアアップグレード。引き取り改修が必要。

PeRT3 テストスィート・オプション

モデル名 内容
PER-R006-008-A レシーバトレランステストスイート
PCI-R008-004-A PCI Express® Gen 1 / Gen 2 / Gen 3 レシーバテストスイート
PCI-R008-4U4-A PCI Express Gen1/Gen2/Gen3レシーバ・テスト・スイート アップグレード *EagleからPhoenixへアップグレードしたお客様向け
USB-R008-001-A Phoenix USB 3.0 レシーバトレランス
SAS-R006-004-A Eagle SASレシーバトレランススイート
SAT-R006-004-A Eagle SATA レシーバトレランススイート
USB-R008-PLS-A USB3.1テストスイート - Phoenix 必要条件 *PeRT3 PhoenixのシリアルNo. 9000以降であること *PER-R008-10G-A 10Gbpsオプションを導入していること
MPHY-R008-S01-A M-PHY レシーバテスト

アクセサリー(オプション)

モデル名 内容
PER-R008-ACS-X PCIe Gen3 Tx/Rx/LinkEQ テストアクセサリ
PER-R008-SCN-X PCIe Gen3 システムRxテスト用シグナルコンディショナー
PER-R008-ISI-X SATA ISI ボード
PER-AC06-Q01-X SATAテスト用 ライズタイムフィルタ・セット(100ps 2個 / 150ps 2個)
PER-AC12-A01-X SMAスタンダード・ペアケーブル
PER-AC12-C01-X SMAハイエンド・ペアケーブル
PER-AC12-M01-X SMA to SMP ペアケーブル
PER-R008-004-A Phoenixマルチユニット・シンクロ
PER-AC08-CS1-X Phoenix コネクタ・セーバ・キット
PER-AC08-S01-X DCブロック 1ペア 5k〜32GHz DCブロック

定期校正

型番 内容
  PeRT3 Phoenix システム用年間校正についてはサービスセンターまでお問合せください。

テレダイン・レクロイ・ジャパン株式会社 
サービスセンター
TEL: 042-402-9401
E-Mail: repair.jp@teledynelecroy.com
PER-R008-S01-X-T3 3年間のハードウェア保証と追加2年間分の定期校正(1チャネルシステム用)
PER-R008-S01-X-T5 5年間のハードウェア保証と追加4年間分の定期校正(1チャンネルシステム用)


ページトップに戻る

PeRT3 Phoenix はPeRT3ファミリーの新しい製品で、PCI Express Gen3テストに対応します。複雑な設計の高速シリアルデータバスのRx(レシーバ)を解析するために、PeRT3 Phoenix は8.5Gbps までの信号を発生し、その信号にストレスを掛ける能力を装備しています。また、3タップのDe-Emphasis モジュールを内蔵しています。 レシーバ(Rx)テストを行うには、テストの前準備としてInitialization(Equalization の設定や、Loopback モードへの移行)が非常に重要で難しい作業になります。

PeRT3 Phoenix は単なるジェネレータではなく、プロトコル仕様に沿った動作が可能であるため、試験対象品とインタラクティブな通信を行うことが出来ます。これにより、ジッタトレランス(JTOL)テストを行う前の、Equalization の設定や、テストモード(Loopback モード)への移行が容易に実行できます。

完全なコンプライアンステスト環境

高速シリアルバス(USB3.0、SAS/SATA, PCI Express)では、トランスミッター(Tx)のテストだけではなく、レシーバ(Rx)テストの重要性が日に日に高まっています。 同様にPCI Express Gen3では、レシーバ(Rx)テストが非常に重要になります。PeRT3 Phoenix はEqualization Trainingが正しく実行されたデバイスを、ループバックモードに移行させ、様々な種類のストレスを掛けてレシーバテストを行います。 PeRT3 Phoenixは単なるジェネレータではなく、プロトコル仕様に沿った動作が可能であるため、試験対象品とインタラクティブな通信を行うことが出来る、これまでにはない画期的なレシーバ(Rx)テストツールであり、PCI Express Gen3のコンプライアンステストを容易に行うことが可能です。

画期的な能力

PCI Express Gen3のレシーバコンプライアンステストを行うにあたり最も大きな課題は、レシーバのダイナミックEqualization を正しく行うことです。ダイナミックEqualization を正しく行うには、レシーバEqualization パラメータと、トランスミッタEqualization のプリセットの正しい選択が必要です。PeRT3 Phoenix は8b/10bと128b/130b両方を送信し、PCI Express Gen3の接続を確立することができます。 また、トランスミッタEqualization プリセットのネゴシエーションを行うことが出来ます。その間、DUT はレシーバEqualization パラメータを最適化します。PeRT3 Phoenix はプリセットの応答を500ns 以内に行わなければならないという要求を満たしており、ダイナミックEqualization のテスト、評価を行うのに最適なツールです。

Phoenix のジッタ出力キャリブレーション

レシーバ(Rx)テスト仕様では、信号に印加するジッタ出力量のキャリブレーションを行うことが要求されています。PeRT3 Phoenix はTeledyne LeCroy 製オシロスコープ SDA 8 Zi シリーズを使うことにより、自動的にキャリブレーションを行うことができます。

ページトップに戻る

ジェネレータ部データ出力     ジェネレータ部ジッタ・ストレス
ビットレート 1 Gb/s to 8.5 Gb/s ランダム・ジッタ・ソース(RJ)
ステップサイズ 100KHz 10 KHz - 1.5MHz RMS Jitter 1.2 ~ 9 psec. RMS
立下り/立上り時間 (20-80%) 35 pSec ティピカル 1.5 MHz- 100MHz RMA Jitter 1.2 ~ 12 psec. RMS
差動振幅範囲 50mV to 2.2V, 5mV 分解能 1.5 MHz - 1000MHz RMS Jitter 1.2 ~ 12 psec. RMS
電圧オフセット -2V to +2V 正弦波ジッタ・ソース(SJ)
固有ジッタ 12 psec. peak-to-peak ティピカル(内部クロックにおいて) 10 KHz- 100KHz Jitter 100 ~ 15000 psec.
デ・エンファシス   100Khz - 500Khz Jitter 100 ~ 2000 psec.
タップ数 3 0.5 MHz - 1000MHz Jitter 0 ~ 300 psec.
範囲 -0.5dB to -9dB コモンモード・ソース
分解能
0.1dB 100MHz - 1000MHz Jitter 50 ~ 350 mV
SSC 対応 23KHz-33KHz   正弦波波形
  -5000ppm to +5000ppm 差動モード・ソース
  三角波/正弦波 波形 100MHz - 2500MHz Jitter 0 ~ 30 mV
コネクタ形状 K型メス   正弦波波形
インタフェース 差動、シングルエンドもしくはDCカップル、50 ohm 外部からのジッタ注入
単発エラー発行 必要に応じて単発エラーを印加 周波数範囲 0.5 ~ 100 MHz
ジェネレータ部クロック出力 変調範囲 1 ~ 200 psec.
クロック・レート 1-255間での任意の整数により分割されるレート 入力インピーダンス 50 ohms
デューティサイクル 40-60% 振幅範囲 60 ~ 600 mV
振幅 0.1 Vpp-Diff to 2Vpp-Diff インタフェース DCカップル, 50 ohms
出力電圧範囲 -2V-2V コネクタ形状 SMA メス
インタフェース 差動、シングルエンドもしくはDCカップル, 50 ohm データ入力
コネクタ形状 SMA メス データレート 1 Gb/s to 8.5Gb/s
    入力インピーダンス 50 ohms
対応シリアル・プロトコル 振幅範囲 200 ~ 1800 mV
PCI Express 2.5, 5 and 8 Gb/s クロック入力
SAS 1.5, 3 and 6 Gb/s 周波数範囲 1 GHz to 8.5 GHz
SATA 1.5, 3 and 6 Gb/s 終端 50 ohms
USB3.0 5Gb/s 振幅範囲 600 ~ 1200 mV
  トリガ出力
振幅範囲 600 ~ 800 mV
ISI 外付け(オプション)