SATA 6Gプロトコル解析システム
Sierra M6-1

  •  
  •  
  •  

Sierra M6-1はプロトコル解析システムのトップメーカーであるテレダイン・レクロイ が提供するSerial-ATA(SATA 3.0、6Gbps)対応プロトコルテストシステムです。Sierra M6-1は最大1ポート対応の小型・低価格モデルで、小さな筐体と圧倒的なコストパフォーマンスとで様々な解析の場面で活躍します。SATA 3.0でのプロトコルアナライザモデルとエラーインジェクタモデルをご用意。ライセンスオプションの追加により二つの機能を一つのプラットフォームで切り替えて使用することも可能になります(注:同時使用は不可)。また、SAS 機能対応への拡張オプションもご用意しております。 

Sierra M6-1 プロトコルアナライザ・プラットフォーム 2/4/8GB レコーディングメモリ仕様
1 ポート(リンク)
SATA エラーインジェクタ (ソフトウエアライセンス) 1 ポート(リンク)

ページトップに戻る

Sierra M6-1 は、SATA 1.5/3/6Gbps のデータレートに対応、正確なデータキャプチャと、高精度なプロトコル解析を提供します。 Sierra M6-1 は1つのプラットフォームにプロトコル解析、エラーインジェクタ(Jammer)の2つの機能を実装し使用することができます(同時使用は不可)。プロトコルアナライザ単体としてもしくは従来品のエラーインジェクタとして本体のみで使うことができます。各種機能は後からソフトウェアライセンスをご購入いただき、機能拡張を行うことができます。また、持ち運びも可能な筐体の小型化とお求めやすい価格を実現しています。

Sierra M6-1 の主な特徴:

  • 超小型軽量、シングルポートシステム
  • 最大6Gb/s転送速度のSATA トラフィックに対応 *オプションによりSAS にも対応可能
  • 1台のプラットフォームにプロトコル解析機能とエラーインジェクタ機能を搭載可能(同時使用不可)
  • Native PHY 搭載による高速バス同期を実現
  • 他のテレダイン・レクロイ製プロトコル解析装置本体との同期によるマルチプロトコル解析
  • GbE やUSB 2.0のホストインタフェース

アナライザ機能の主な特徴:

  • Easy Mode トリガリング・シーケンサ
  • ハードウェア・フィルタ
  • 自動エラー検出
  • 広範囲なSATA デコード
  • スプレッドシート式表示をはじめとする多彩なトラフィック表示
  • トラフィック静的解析機能
  • 2、4もしくは8GB 内蔵レコーディングメモリサイズ

画面例はそれぞれクリックすると拡大表示します

Sierra M6-1 SATA プロトコル・アナライザは超小型軽量なシングルポートシステムです。本体サイズは、わずかに、幅15.9 x 高さ3.5 x奥行き 22.9 cm というコンパクト設計で自重はわずかに0.77 Kg と超軽量です。Sierra M6-1システムは驚異的な小型サイズで掌に載せても苦になりません。簡単に持ち運びすることができるため、外出先での急なSATA トラフックのトレースやプラグテスト参加時のデバッグツールとして、極めて有効なツールになります。ビジネスバッグやバックパックにも簡単に収納することができます。自動車のダッシュボードにも格納できます。対応転送速度は1.5, 3, or 6 Gb/s SATA に対応し2、4あるいは8GBの内蔵レコーディングメモリサイズをあらかじめ選択可能です。

あらゆるデバッグ作業に対応することができる、高いシステム柔軟性

表示例 Sierra M6-1システムはUSB2.0とGbE インタフェースを制御用PC とのインタフェースに装備しています。接続される制御用PC ではテレダイン・レクロイ製 SAS/SATA Protocol Suite ソフトウェアが動作し、あらゆる解析機能を提供します。GbE インタフェースはまた、ローカルでのネットワーク接続かリモートネットワーク接続のいずれかを選択できます。Sierra M6-1システムは複数台を「数珠つなぎ」に接続することによりシングルポート以上のレコーディングポートを増やすことができます。1台のM6-1システムにエラーインジェクション機能(有償オプション)を装備しもう一台のM6-1システムと数珠つなぎすることにより、リアルタイムでのエラー注入とその時のSATAトラフィックのふるまいを記録することができます。

Sierra M6-1システムのデータ記録機能は「Easy Mode トリガ機能」を標準装備し特定のSATA イベントにトリガ条件を設定することができます。「Easy Mode トリガ機能」はそのトリガ条件を簡単にソフトウェアから設定することができます。

高速バス同期時間を実現するネィティブ PHY の採用

Sierra M6-1システムは6 Gb/s 対応のnative PHY を採用。スピードネゴシエーションやパワーマネージメントのトラフィックフェーズにおいて威力を発揮します。

小型・堅牢なハードウェア・システム設計

Sierra M6-1システムは「使いやすさ」、「持ち運びやすさ」、「高機能」を実現すべく開発されました。本体正面パネルにはホストとデバイスへ接続するためにSATA コネクタが内蔵され、5個のステータス表示用LED が埋め込まれています。LED はそれぞれ、Trigger、Error、Link、Speed、Data のステータスを表示します。Sierra M6-1システムの背面パネルにはいくつかのコネクタが内蔵されており、それらはExternal Trigger IN/OUT とSYNC Expansion Port、USB 2.0と10/100/1000baseT Ethernet、さらに外部AC アダプタ接続用です。

Sierra M6-1 SATA プロトコル・スィート

Sierra-M6-1システムの各モデルはテレダイン・レクロイSATA Protocol Suite を使うことができ、他のテレダイン・レクロイ製SATA プロトコル・アナライザと同等の機能を使うことができます。SATA Protocol Suite は直観的なGUI(Graphical User Interface)が簡単操作と解析表示部を提供します。リンク層からアプリケーション層まで、Sierra M6-1システムは広範囲な記録トラフィック表示を提供し、エンジニアが知りたい次のような状況を簡単に知り得ることができます。

  • Column Viewはプリミティブのハンドシェイクを表示し、SOFからEOFまでのフレーム構成を表示
    • 8b/10bもしくはスクランブルされたフォーマットによるデータ表示
  • Text Viewはフレーム交換とプリミティブの発生を確認するためにフレームレベルで有効
  • Spreadsheet Viewは時系列にコマンドとフレームを表示し、可視不要なプリミティブや重要なイベントにフォーカスを当てて解析する際に有効
  • Waveform Viewはすべてのアクティブなポートの波形表示を提供
    • OOB信号のタイミング測定に有効
  • Packet Viewは一つのプロトコルのアプリケーション層の解析のために特別に用意
    • Framesとprimitivesは素早く簡単にSAS/SATAコマンドレベルに組上げたり、分割表示したりが可能
    • 簡単にコマンド定義、コマンド完了、ステータスを表示

Sierra M6-1システムはまたアプリケーション層設計用に特にPacket View を強調します。特定のSATA コマンドの論理部分であるFrames とprimitives は簡単に表示、非表示が可能です。Packet View はプロトコルに特化しており、ユーザは簡単にコマンド定義や完了時間、ステータスを見ることができます。

表示例 SATA Protocol Suite ソフトウェアの能力は特にシステムレベルにおけるデバッグ作業に有効です。ユーザは素早くドリルダウンしてコマンドやフレーム、リンク層の表示を確認することができ、すべての解析用表示は同時に開いてそれらの内容はすべて自動的に同期するため、ある表示のイベントを動かせばその他の表示内容は自動的に同期して動きます。

静的解析レポート機能

表示例 静的解析ビューは豊富な静的解析とパフォーマンス解析を提供します。イベント個数や発生したエラーの数、パフォーマンスマトリクスや希望するイベントへのジャンプ等多彩な解析補助機能を提供します。
右記のスクリーンショットの上半分はパケットビューのサンプル画面です。下半分はトラフィック静的解析表示のサンプルです。

CrossSync

テレダイン・レクロイ のプロトコルアナライザは異なるプロトコルを統一制御するコントローラを提供します(CrossSync 機能)。CrossSync 機能に対応したプロトコルアナライザを接続し、異なるプロトコル間でのトレースファイルの同期、トリガのやり取り(クロストリガ)を行うことが可能で変換チップやサーバーシステム等の設計評価に威力を発揮します。
対応プロトコル例:USB3.0 / SAS / SATA / FibreChannel / PCI Express / DDR4

 

 

 

ページトップに戻る

対応プロトコル SATA のみ(SAS記録機能はオプションにて追加可能です。詳細はお問い合わせください。)
制御用PC要求仕様 Windows XP, Vista, 7, 8, Windows Server 2003, Server 2008R2, Server 2012, Intel Pentium II processor もしくはそれ以上, USB 2.0 もしくは GbEthernet コネクタ
内蔵レコーディングメモリサイズ 2 / 4 / 8GB
対応バス転送速度 1.5, 3,6 Gb/s
ポート(リンク)数 1システムあたり2ポート(1リンク)
カスケード時ポート容量 最大8ポート(リンク)、8台カスケード接続可能 *USB2.0ポートが8個必要となります。
トリガ機能 Easy Mode シーケンシャルトリガ
*Advanced トリガオプション(※外部トリガーアウト機能はこのオプションが必要です)
フィルタ機能 プリ/ポストレコーディングフィルタ
データバス・インタフェース SATA (最大 6 Gb/sまで)
制御用PCインタフェース USB 2.0 & GbEthernet
フロントパネル・コネクタ 2 個のInternal SATA コネクタ (ホスト & デバイス)
リアパネル・コネクタ 外部トリガー入出力兼マルチファンクションコネクタ, カスケード接続用ポート; USB 2.0; GbEthernet; DC 電源
フロントパネル表示部 ホスト/デバイスポートLED (トリガー, エラー, リンク,スピード,データ); 電源LED; ステータスLED
リアパネル制御部 電源 ON/OFF
外寸 (W x H x D) 15.9 cm x 3.5 cm x 22.9 cm (6.25" x 1.38" x 9.0")
重量 0.77 Kg (1.7 lbs.)
入力電圧 12V DC (90-254 VAC, 47-63 Hz ACアダプタ)
温度環境(動作時) 0 〜 55 ℃
温度環境(非動作時) -20 〜 80 ℃
動作湿度範囲 10% 〜 90% RH (結露なきこと)

 

ページトップに戻る