簡易Eyeダイアグラム・サンプル・プログラム

概要

WaveAce1000/2000で捕捉されたシリアルパターン信号からEyeパターン・ダイアグラムを作成します

動作

WaveAce1000/2000との接続はActiveDSOを使用します。ActiveDSOのMakeConnectionメゾットで使用する接続文字列をAddressに入力し、チャンネルを選択します。ビットレートをSpeedに入力して、Runボタンを押すことで、波形をWaveAceから転送し、Eyeパターンを表示します。マスクも指定することができ、Yは電圧として、Xは1UI(1ビット幅)を100%としてパーセントして入力します。ソフトウェアPLL処理などは行っておりません。

必需条件

ActiveDSO

対応機種

WaveAce1000/2000

ダウンロード
VisualBasic2008サンプル

ページトップに戻る

技術資料冊子プレゼント

技術資料冊子プレゼント

ウェビナー視聴

Product Resources