SRQサンプル

 
概要

演算トレースF1にアベレージを設定し、SRQによりアベレージの終了をオシロスコープからPCへ通知するサンプルです。

動作

MakeConnectionに入力された接続文字を使いオシロスコープに接続します。接続はGPIB, Ethernetなどから選択することができます。接続文字の詳細はActiveDSOマニュアルのMakeConnectionを参照してください。ChannelやAverage numはアベレージのソースチャンネルやアベレージ回数の設定です。RUNボタンを押すと、アベレージやSRQの設定をし、指定回数のアベレージが終了後、SRQにより通知されます。

必需条件
  • PC側にActiveDSOがインストールされている事
対応機種

Windowsタイプのオシロスコープ

ダウンロード
Visual Basic 2008 サンプル

ページトップに戻る

技術資料冊子プレゼント

技術資料冊子プレゼント

ウェビナー視聴

Product Resources