BroadR-Reachコンプラインアンス・テスト・オプション
QPHY-BroadR-Reach BroadR-Reach

QPHY-BroadR-Reach ソフトウェアはBroadR-Reach Ethernet PHYの電気コンプライアンス試験を実行する自動コンプラインアンス・テスト・オプションです。QPHY-BroadR-Reachはユーザーが接続を正しく行えるように測定に必用とされる接続が接続図で表示され、オシロスコープが自動的に計測し、スクリーン・ショットを含んだ試験結果のレポートを作成します。

QPHY-BroadR-Reachの詳細

  •  
主な機能と特長
  • QPHY-BroadR-ReachはBroadR-Reachコンプライアンス試験の取り扱いを簡単にし、高度に自動化したソリューションを提供します。
  • 物理層テスト・オプションは必要とされるフィクスチャ、プローブ、ケーブル、MATLABランタイム・スクリプトが含まれます。
  • 規定のBroadR-Reach送信側試験の全てをサポートします。

  • -Transmitter Output Droop
    -Transmitter Distortion
    -Transmitter Timing Jitter
    -Transmit Clock Frequency
    -Transmitter Power Spectral Density (PSD)
  • 1GHz以上のオシロスコープで対応

レクロイは初となるBroadR-ReachイーサーネットPHYコンプラインアンス・テスト・オプションを提供するために業界トップと共に開発を行いました。BroadR-Reachは接続コストやケーブル重量を劇的に低減し、オートモーティブ業界の厳しい要求事項に合うように設計された100 Mbpsトランシーバーです。

自動化された取り扱いが容易なソリューション

QPHY-BroadR-ReachはBroadR-Reach Ethernet PHYの電気コンプライアンス試験を実行する自動コンプラインアンス・テスト・オプションです。QPHYはユーザーが接続を正しく行えるように測定に必用とされる接続が接続図で表示され、オシロスコープが自動的に計測し、スクリーン・ショットを含んだ試験結果のレポートを作成します。QPHY-BroadR-Reach はBroadR-Reachトランシーバー・コンプライアンス試験の必要事項に合った一連の包括的な試験を実行します。

完全な電気コンプライアンス試験

レクロイのBroadR-Reachコンプラインアンス・テスト・オプションはBroadR-Reach Physical Layer Transceiver Electrical Requirementのセクション1.4で定義された全ての電気コンプライアンス試験を実行します。次の試験はQualiPHYソリューションに含まれます。;Transmitter Output Droop, Transmitter Distortion, Transmitter Timing Jitter, Transmit Clock Frequency, Transmitter Power Spectral Density。レクロイは正しい機器構成に必用なフィクスチャ、プローブ、ケーブルを含みます。更に試験ソフトウェアはTransmitter Distortion試験に必要とされるMATLABスクリプトを含みます。

レクロイのWaveRunner 6 ZiシリーズはBroadR-Reach コンプライアンス計測の実行や更に重要となる不合格となったコンプライアンス試験項目をデバックするため、シリアルデータの根本原因をエンジニアが素早く見つけるための理想的な装置です。

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
QPHY-BroadR-Reach BroadR-Reachコンプラインアンス・テスト・オプション

ページトップに戻る