MOSTコンプライアンス
テスト・オプション
QPHY-Most150

QPHY-MOST150ソフトウェアはVersion MOST Core Compliance Test Specification 1V2-00に従い、リアルタイム・オシロスコープで行われる全てのソース信号試験の自動試験環境を提供します。MOST150 oPHYの全ての電気試験を実装した試験ソフトウェアはレクロイのQualiPHYによる自動試験とレポート作成がサポートされます。

MOST50用はこちら

QPHY-Most150の詳細

  •  
主な機能と特長
  • MOST QPHYソリューションは高度に自動化され、取り扱いが簡単なMOSTコンプライアンス試験を提供します。
  • MOST150 oPHYコンプライアンス試験をサポート
  • QPHY-MOST150はレクロイの2GHz以上のオシロスコープに対応
  • レクロイのSDAやSDMソフトウェアにより高度なデバック環境を提供

レクロイは初となるMOST 150 PHY物理層試験パッケージを提供するためにMOST Cooperationと共に開発を行いました。MOST (Media Oriented Systems Transport)は極めて堅牢で費用対効果の高いネットワークを必用とするオートモーティブ環境で使用されるマルチメディア・アプリケーション用に初めて開発されました。

自動化された取り扱いが簡単なソリューション

QPHY-MOST150はMOST信号の電気コンプライアンス試験を実行する自動コンプライアンス・テスト・オプションです。QPHYはユーザーが接続を正しく行えるように測定に必用とされる接続が接続図で表示され、オシロスコープが自動的に計測し、スクリーン・ショットを含んだ試験結果のレポートを作成します。QPHY-MOST150はMOST送受信コンプライアンス試験の必要事項に合った一連の包括的な試験を実行します。

完全な電気コンプライアンス試験

レクロイのMOSTコンプライアンス・テスト・オプションはMOST Physical Layer Transceiver Electrical Requirementのセクション1.4で定義されている全ての電気コンプライアンス試験を実行します。QualiPHYソリューションはSP1, SP2, SP3, SP4での試験が含まれています。試験はアイダイアグラム、トランスファ・ジッタ試験、ビットレート計算、オーバーシュート、アンダーシュートのマスク試験、トランジション時間試験と様々です。

レクロイのWaveRunner 6 ZiシリーズはMOSTコンプライアンス計測の実行や更に重要となる不合格となったコンプライアンス試験項目をデバックするため、シリアルデータの根本原因をエンジニアが素早く見つけるための理想的な装置です。



 

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
QPHY-Most150 Most150コンプライアンス・テスト・オプション


推奨プローブ

プローブ名 備考
D420 差動プローブ
帯域 4GHz, 入力電圧範囲 ±2.5V
OE425 O/Eコンバータ

ページトップに戻る