物理層解析
RapidIO


RapidIOプロトコルでは、物理層でのシリアル・インタフェースとパラレル・インタフェースの両方がサポートされています。1x/4xLP-Serialと呼ばれるシリアル・インタフェースは最高3.125Gb/sの通信速度で動作し、最大4レーン(経路)のシリアル・データ・トラフィックを同時にサポートすることができます。RapidIOプロトコルではスイッチングがサポートされるため、“ピア・ツー・ピア”システムおよびマルチプロセッサ・システムを組み込むことができます。

ジッタ解析とアイ・パターン解析を実施することによって、RapidIOの相互運用性が保証されます。適合性試験では、他のタイミング測定(レーン間のタイミング・スキューやデータ速度の測定など)も実施する必要があります。レクロイのSDA6000AとSDA6020には、RapidIOハードウェアの認証に必要となるすべてのタイミング測定(ジッタ解析、アイ・パターン解析など)を実施する機能が用意されています。また、SDAシリーズの高サンプリング速度(SDA6000Aでは2チャンネル上で20Gs/s、SDA6020では4チャンネル上で20Gs/s)によって、レーン間の正確なタイミング・スキュー測定も行えます

 
Recommended Instruments  Product Code
SDA 11000
11 GHz, 40 GS/s 2 Ch (20 GS/s, 4Ch), 16 Mpts/2Ch; 8 Mpts/Ch Standard
SDA 11000
SDA 6000A
6 GHz, 20 GS/s 2 Ch (10 GS/s, 4Ch), 8 Mpts/2Ch; 4 Mpts/Ch Standard
SDA 6000A
SDA 6020 
6 GHz, 20 GS/s 4 Ch, 8 Mpts/Ch Standard
SDA 6020
Recommended Accessories Product Code
7.5 GHz Differential Probe Body with Adjustable TwinTips WL600 with D600A-AT