スペクトラム解析オプション

スペクトラム解析オプションはオシロスコープを使用した周波数解析をスペクトラル・アナライザのように簡単な操作を可能にします。RFスペクトラム・アナライザを使い慣れているユーザーがFFTの設定方法について良く知らなくても違和感無く操作することができます。


  •  

主な機能と特長

  • オシロスコープを使った周波数領域の解析を容易にします。
  • スペクトラム・アナライザの主な機能を再現します。
  • 周波数ピークのリスト表示
  • 高速処理と高い周波数分解能
  • FFTの機能拡張

周波数解析を簡単に

オシロスコープは周波数に関する影響をデバックする強力な能力を持っています。高速フーリエ変換(FFT)は長い間オシロスコープの一部として使われてきました。しかしFFTで目的の周波数が計測できるようにするには時間領域で設定を考える必要があります。スペクトル解析オプションはオシロスコープでの周波数領域の解析を簡単にすることができます。

中心周波数、周波数スパン、周波数分解能など簡単な設定を行うことで必要とされるサンプリング速度や捕捉時間が自動的に決定されます。そして目的に応じて表示動作モード(Normal, Average, Max Hold)を選択できます。また周波数強度を表す縦軸のリファレンス・レベルやスケールも調整することもできます。スペクトラム・アナライザ解析オプションにより、ユーザーが周波数領域の適切な設定をするためにオシロスコープのサンプリング速度や捕捉時間を割り出す作業から開放します。

ピーク周波数のテーブル表示

振幅の大きさ順で並べられたピークのリスト表示とそのピーク位置を周波数グラフ上でラベル表示が行われます。テーブル表示を確認してユーザーが気づかないような周波数のピークを明らかにすることができます。

高い周波数分解能と高速処理

レクロイのStream IIは非常に長いアクイジションでも素早く処理する機能を提供しています。このStream IIはZiシリーズのオシロスコープに搭載され、長いアクイジションで大量のデータ処理が必要となる高い周波数分解能でも高速に処理することができます。これはより効果的なデバックやデバックを素早く行えることを意味します。

FFT機能の拡張

スペクトラム解析オプションの追加により、演算機能を使用したFFTにスペクトル密度や実数/虚数、Magnitude Squaredなどの出力タイプが拡張されます。



 

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
Spectrum スペクトラム解析パッケージ

ページトップに戻る