パルス・パラメータ・オプション
EMC

  • 【簡単】 専用パラメータを選ぶだけで正確測定
  • 【早い】 捕捉した複数パルスを一気に計測
  • 【解析】 統計解析も自動処理
  •  

レクロイのEMCパルス・パラメータ・オプションを用いると、正確なEMC波形の計測が誰でも行えます。

 

その秘密は、ESD信号波形計測用の専用パラメータが用 意されているからです。EMClvlPulseは、静電放電イミュ ニティ試験におけるパルス波形評価に、EMCt2Valは サージ・イミュニティ試験におけるパルス波形評価試験 にそれぞれ用いられる専用パラメータで、各規格に準拠 した計測が簡単かつ正確に行えます。

また、立ち上がり時間や立ち下がり時間などの計測パラ メータに、一般的なパルス計測のように TopとBaseを基準とするのではなく、 左図のように、GNDとピーク値を基準 とした、%0-maxや%-minを適用する ことができるので、イミュニティ試験に おける波形計測に対応できるのです。

EMCパルス・パラメータ測定用パラメータ

 

EMClvlPulse

IEC61000-4-2では、ESDパルスの波形評価として左図 のように、パルスの立ち上がりの10%レベル点から30ns および60nsの時点におけるレベルを計測します。またこ の10%レベルは、GNDとピーク値を基準としたものです。 EMClvlPulseは、この規格に応じた計測を行う専用パラ メータです。

EMClvlPulseを使ったESDパルスの計測例 ピーク値や立ち上がり時間を含めたパラメータ計測を行 い、規格適合性をPass/Fail試験で確認しています。

EMCt2Val

IEC61000-4-5では、サージ・パルスの波形評価として左 図のように、パルスの立ち上がりの30%レベル点と90% レベル点を結んだ直線が、GNDレベルと交わる点からパル スの立ち下がりの50%レベル点までの時間を計測します。 またこの各%レベルは、GNDとピーク値を基準としたもの です。EMCt2Valは、この規格に応じた計測を行う専用パ ラメータです。

 EMCt2Valを使ったサージ・パルスの計測例 ピーク値やt1値を含めたパラメータ計測を行い、規格適 合性をPass/Fail試験で確認しています。


シーケンス・モードで50個のパルスで計測した例

ESD信号波形計測において、複数のパルスの計測するに は、シーケンス・モードが便利です。この例では、信号捕捉メ モリを予め50個に分割し、50個のパルスを一気に取り込 む(上のグリッドに50個の波形を同時に表示)ことができ ます。個々のパルスはズームを使って確認することができ ますが、パルス・パラメータは、50個のパルスに対して計測 が一括して実行できます。ここでは、Pass/Fail試験を用いて、50個全てのパルスが 規格に適合していることが示されています。また、各パラメ ータの計測値で統計解析を行い、平均値、最大値、最小値、標準偏差を表示し、分布を緑のヒストグラムで表示しています。また、この50個のパラメータ値を時系列表示(ピンク) をすることができます。

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
EMC パルス・パラメータ・オプション

ページトップに戻る