ENETコンプライアンス・テスト・オプション QPHY-ENET

イーサネット・
テスト・ソリューション
QPHY-ENET

車載イーサネット用はこちら

QPHY-100Base-T1
QPHY-1000Base-T1
QPHY-100Base-T1-TDR
QPHY-1000Base-T1-TDR

  •  

IEEE 802.3-2005 / ANSI INCITS 263-1995 (R2000規格(1000Base-T、100Base-TX、10Base-T)に準拠

簡単で使いやすい自動テスト/レポート作成ソフトウェア

プローブを使用せずに広範なコンプライアンス・テストが可能なテレダイン・レクロイの新しいテスト・フィクスチャ(TF-ENET-B)

妨害信号テスト用に「パワー・スプリッタ」を組込み済み(TF-ENET-B)

マスク・テスト

No TX TCLK DUT(送信クロックを取りだせないDUT)をサポート

コモンモード電圧テスト

QPHY-ENETは、テレダイン・レクロイの新しいQualiPHY自動テスト/レポート作成ソフトウェアに対応し、電気的なコンプライアンス・テスト(1000Base-T、100Base-TX、10Base-T規格)を実施するソフトウェア・オプションです。

QualiPHYメニューからコンプライアンス・テスト項目を選択すると、そのテストが自動的に開始され、必要に応じて表示される様々なメッセージや接続図に従い操作をするだけです。

テストが完了すると、QualiPHYはテスト結果のレポートをPDF形式、HTML形式、またはXML形式で作成します。ジッタ・テストとパルス・マスク・テストは自動波形位置合わせ機能を使用して行い、すべてのテスト結果にテスト対象の規格に応じてパス/フェイルの判定が示されます。10Base-Tパルス・マスク・テストもサポートしており、このテストは付属のコンプライアンス・マスクを使用して行います。

1000Base-T トランスミッタ・テスト・モード1の波形

新しいテスト・フィクスチャ・キットは、IEEE仕様およびANSI仕様で規定されている3種類の負荷と規格の条件のすべてに対応しています。

1000Base-T テスト・モード2

マスター・ジッタ・テスト。図1は、入力信号(上のグリッド)とジッタ・トラック波形(下のグリッド)を示しています。ジッタ・トラックはジッタ量と時間の関係を表しています。測定結果はグリッドの下に表示されます。このオプションではモード3のスレーブ・ジッタ・テストもサポートしています。

図1:1000Base-Tモード2のテスト
トランスミッタ・テスト・モード2および3の波形例

1000Base-T テスト・モード4

図2は伝送歪テストを示しています。この歪テストでは、PAM-5符号化信号の数学的モデルによって生成された理論的波形と の比較に基づき、被測定信号のエラーを測定します。5.4 V(DUT入力で2.7 V)電圧レベル、20.833 MHzの妨害信号を付加することができます。 このテストでは、10 mVの分解能テスト要件に対応するために、高度なアベレージング機能を使用します。

図2:1000Base-T モード4のテスト

QPHY-ENETコンプライアンス・テスト・オプションにおける100Base-TX / 10Base-Tテスト

QPHY-ENETコンプライアンス・テスト・オプションは、IEEE 802.3- 2005とANSI INCITS 263-1995 (R2000)で規定されてい る100Base-TX / 10Base-Tテストもサポートしています。 図3は100Base-TXマスク・テスト結果を示しています。この テストは、規格に適合した信号ではマスク障害が発生すること がないため、一般的によく使用されます。

図3:100Base-TX ツイストペア・アクティブ出力インタフェースの
マスク・テスト結果

ページトップに戻る

10Base-T 差動出力電圧マスク・テスト

図4は10Base-T 差動出力電圧(DOV: Differential Output Voltage)マスク・テストを示しています。このテストは、 100Ωのターミネーションにかかる値として測定される、ピー ク差動電圧の絶対値として定義されます。マスク・テストでは パルスの形状を評価します。

図4:10Base-T DOV外部マスク・テスト

イーサーネットのテストを実施するには、テストのための様々なセットアップと接続を行う必要があります。 QualiPHYでは、分りやすい接続図とメッセージ・ボックス (図5および6を参照)を利用し、極めて簡単にセットアップし てテストを実行することができます。接続図の下に表示されるメッセージ・ボックスの指示に従い、ジャンパー・ピンを変更 してテストを行うことができます。Gigconf(DUTメーカーから提供されるMS-DOSテスト・ソフトウェア)などを使用してテスト信号を変更する必要があるときは、メッセージ・ボックスが表示されます。

図5:接続図およびメッセージ・ボックス 
図6:メッセージ・ボックス

図7はイーサーネット・テスト項目とプリセットされているテスト手順を示しています。各テスト項目は設定メニューから選択できます。既存の設定をコピーして編集すれば、ユーザー独自にカスタマイズしたテスト・シーケンスを作成できます(プリセットされているテスト手順は変更できません)。

図7:コンプライアンス・テスト項目のセットアップ、
およびプリセット・テスト手順の選択メニュー

テスト終了後に、QPHY-ENETコンプライアンス・テスト・オプションはテスト結果のレポート(図8を参照)を作成します。このレポートのファイル形式は、ユーザーの要件に合わせてHTML形式、 PDF形式、またはXML形式を選択できます。

図8:ENETテスト結果のレポート

各測定結果は、パス(合格)またはフェイル(不合格)のマーク付きで集計表に示されます。テスト時の波形を示す関連画面のスクリーンダンプなどの詳しい情報については、レポートの「詳細」セクションを参照してください。

これらのレポートには、コンプライアンス・テストに使用した計測器に関するあらゆる情報が含まれています。

ページトップに戻る

TF-ENET-B

TF-ENET-Bは、全3種類のイーサーネット規格(10/100/ 1000Base-T)をテストする場合に必要です。 デジタル・オシロスコープとの信号接続には、付加回路(プロ ーブなど)からの影響を避けるためにSMAケーブルを使用して います。テスト・フィクスチャは、1000Base-Tで妨害信号の テストを実施するために-3dBのパワー・スプリッタを組み込め るように設計されています。 アクセサリには、DUT接続用に50Ω終端器(6)と6インチ・ イーサーネット・ケーブル(1)が含まれています。

TF-ENET-B: SMA端子を装備した
イーサーネット・テスト・フィクスチャ(高信号忠実度を実現)。
*SMAケーブルとアダプタが必要です。

1000BASE-T:

モード1:ピーク差動出力電圧(PDOV)、ドループ、パルス・マスク

モード2:マスター・ジッタ

モード3:スレーブ・ジッタ

モード4:伝送歪み測定

コモン・モード出力電圧

100BASE-TX

UTP差動出力電圧

オーバーシュート

信号振幅シンメトリ

立ち上がり時間(ベース〜上限値)

立ち下がり時間(上限値〜ベース)

立ち上がり時間(下限値〜ベース)

立ち下がり時間(ベース〜下限値)

立ち上がり/立ち下がり時間シンメトリ

デューティ・サイクル歪み

ジッタ

ツイストペア・アクティブ出力インタフェース・テンプレート

10BASE-T

ピーク差動出力電圧(PDOV)

高調波

内部/外部MAU(ノーマル)

内部/外部MAU(インバート)

100 Ω: TP_IDL / リンク・パルス*

負荷1: TP_IDL / リンク・パルス*

負荷2: TP_IDL / リンク・パルス*

出力タイミング・ジッタ*

8.0BT 出力タイミング・ジッタ*

8.5BT 出力タイミング・ジッタ*

コモン・モード出力電圧

*ツイストペア・モデルを使用した場合/使用ない場合

 

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
QPHY-ENET ENETコンプライアンス・テスト・オプション
TF-ENET-B 10/100/1000Base-T
コンプライアンス・テスト・フィクスチャ
ENET-2CAB-SMA036

販売終了

SMA-SMAケーブル、36インチ(91.44 cm)2本
ENET-2CAB-SMA018

販売終了

*SMA-SMAケーブル、18インチ(45.72 cm)2本
ENET-2ADA-BNCSMA

販売終了

*BNC-SMAアダプタ 2個

* TF-ENET-Bに標準付属

 

ページトップに戻る

対応機種

1000/100/10Base-T対応機種:

WavePro/SDA/DDA 7Zi-Aシリーズ
WaveMaster/SDA/DDA 8Zi-Bシリーズ
LabMaster 9Zi-Aシリーズ
WaveRunner 8404M/8404/8254M/8254/8104
WaveRunner 640Zi/625Zi//620Zi/620MZi/610Zi

100/10Base-T対応機種

WaveRunner 8054
WaveRunner 606Zi/604Zi

外観 モデル名 帯域 備考
HDO 6000シリーズ
350MHz〜1GHz 12ビット
オシロスコープ WaveRunner 9000シリーズ
WaveRunner 9000シリーズ 500MHz〜4GHz  
オシロスコープ WaveRunner 8000HDシリーズ
WaveRunner
8000HDシリーズ

350Hz 〜2GHz 12ビット
オシロスコープ WavePro HDシリーズ
WavePro HDシリーズ
2.5〜8GHz 12ビット
WaveMaster 8Zi-Bシリーズ
SDA 8Zi-Bシリーズ
DDA 8Zi-Bシリーズ
4〜30GHz  

ページトップに戻る