Digital Scopes

オシロスコープ シリアル解析

  

シリアル・トリガ

SDA 6000A XXL/4000A XXLにはシリアル・パターン・トリガが内蔵されており、検査対象のシリアル・データ・ストリームの、特定のビット・パターンに同期して信号捕捉ができます。SDAの強力なジッタ解析機能やアイ・パターン解析機能と、このシリアル・パターン・トリガを組み合わせると、多重化されたデータ・ストリームの特定の部分(非スクランブルのヘッダー・バイトや特定のチャンネルなど)を測定することができます。SDAには次のような機能もあります。

  • 32ビットまでのパターン長でトリガをかける

  • 50 Mbpsから2.7Gbpsまでのデータ速度をサポートする

  • SDAで再生したクロック出力と、データ出力を外部の測定機器に接続する

アイ・パターンは、最大800万までの連続したUIからなる連続波形データで測定されます。そのため、ジッタが低減し、表示の更新が速くなるほか、特定のビット上の異常値も検出できます。

24時間見積り受け付けます。
 

 
主な特長/仕様    アイパターン測定
SDAについて シリアル・トリガ
統合解析 その他の基本機能
ジッタ解析 ASDA-J
 

ページ   <<戻る |1234567| 次へ>>

  
LeCroy Resources
レクロイ・デジタル・オシロスコープ性能比較表 PDF File 10K
標準パラメータ解説書 PDF File 2.3MB
X-Streamオシロスコープご使用手引き(逆引きマニュアル)Ver.4.2.5 PDF File 1.7MB

 TOPへ