ディスク・ドライブ解析パッケージ
DDM2

  •  

DDM2では、ディスク・ドライブの標準化団体であるIDEMAが規定した標準パラメータをはじめ、ハード・ディスクの信号解析に重要なパラメータを装備し、ヒストグラムまたはトレンド機能を使って統計的に解析することができます。また、高密度記録ディスクで重要なNLTSの測定なども標準装備されます。

ほとんどのディスク・パラメータは、ローカル・パラメータと呼ばれ、ハードディスクのプラスとマイナスのパルスの対を一組として、個別にパラメータの計測を行うので、パラメータ計測の統計解析を効率的に行うことができます。

Disk標準パラメータ:

pw50, pw50+, pw50-, taa, taa+, taa-, owrt, res, aasym, p@lv, nbph, nbpw

PRMLパラメータ:

nlts, acsn

Diskローカル・パラメータ:

Lbase, lbsep, lmax, lmin, lnum, lpp, ltbe, ltbp. Ltbt, ltmn, ltmx, ltot, ltpt, lttp, ltut


 

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
DDM2 ディスク・ドライブ解析パッケージ

ページトップに戻る

対応機種

外観 モデル名 帯域 備考
WaveRunner 8000シリーズ 500MHz〜4GHz  
WaveRunner 9000シリーズ 500MHz〜4GHz  
WaveMaster 8Zi-Bシリーズ
SDA 8Zi-Bシリーズ
DDA 8Zi-Bシリーズ
4〜30GHz DDAモデルは標準搭載
LabMaster 10Zi-Aシリーズ 20〜100GHz

ページトップに戻る