10Base-T1S コンプライアンス・テスト・オプション10Base-T1S
QPHY-10Base-T1S

車載イーサネットは、現在の自動車や将来のコネクティッド・カーの要求に応えるために、より高速なデータ通信を可能にします。QPHY-10Base-T1Sは、10Base-T1S (IEEE 802.3cg)仕様に記載されている10Mb/s車載イーサネットのテストと検証を自動化します。

QPHY-10Base-T1Sの詳細

  •  
主な機能と特長
  • 10Base-T1S(IEEE 802.3cg)に対応
  • 高度な自動化による使いやすさ
  • 合否判定結果と十分に注釈を加えられたスクリーンショットが記載されたレポート生成
  • テストフィクスチャとケーブルを含む完全なテストソリューション
  • PMAトランスミッタ・テストを全てサポート
    • 出力電圧
    • Output Droop
    • タイミング・ジッタ
    • パワースペクトル密度(PSD)
  • ”Stop on Test”を使用した高度なデバッグ機能

自動コンプライアンス試験

QPHY-10Base-T1Sは、10Base-T1仕様に準拠したPMA(Physical Media Attachment)の電気的コンプライアンステストを行います。詳細な接続図により適切な接続が可能で、各テストに必要なテスト・パターンに関連する情報を提供します。テストが完了すると、結果はスクリーンショットを含む包括的レポートに自動的にまとめられます。

柔軟なデバッグ環境 

”Stop on Test”機能を使えば、個々のテストの後にテストを一時停止して、結果を観察することができます。そこから、さらにデバッグのためにオシロスコープのツールを使用することができ、完了後ボタンをクリックすることで、テストをシームレスに再開することができます。 

トランスミッタ出力電圧

出力電圧は、テストモード1波形のピーク-ピーク電圧を測定して算出します。

トランスミッタ・タイミング・ジッタ

DUTがテストモード1の状態で、トラスミッタ・マスターのタイミング・ジッタをテストします。TIEが測定され、TIE値の範囲がピーク-ピークTIEジッターの計算に使用されます。

トランスミッタ出力ドループ

出力ドループは、テストモード6の波形の正負両方のシンボルで計算されます。ドループの大きさは、ゼロクロス後の最初のピーク値(パラメータのMaxとMinで示される)と、最初のピーク値から800ns後の値を基準にして測定されます。

トランスミッタ PSD

DUTがテストモード3送信時、送信機のPSD(Power Spectrum Density)が、マスクで定義された規定の限界値に対してテストされる。PSDテストにオシロスコープを使用すればスペクトラムアナライザを購入する必要はありません。

ページトップに戻る

オーダー・インフォメーション

モデル名  
QPHY-10Base-T1S 10Base-T1Sコンプライアンス・テスト・オプション

ページトップに戻る

対応機種

外観 モデル名 帯域 備考
HDO 6000Aシリーズ
350MHz〜1GHz 12ビット
オシロスコープ HDO 6000シリーズ
HDO 6000Bシリーズ
350MHz〜1GHz 12ビット
オシロスコープ WaveRunner 9000シリーズ
WaveRunner 9000シリーズ 500MHz〜4GHz  
オシロスコープ WaveRunner 8000HDシリーズ
WaveRunner
8000HDシリーズ

350Hz 〜2GHz 12ビット
オシロスコープ WaveRunner 8000HDシリーズ
MDA 8000HDシリーズ
350Hz 〜2GHz 12ビット
WavePro HDシリーズ 2.5〜8GHz 12ビット
WaveMaster 8Zi-Bシリーズ
SDA 8Zi-Bシリーズ
DDA 8Zi-Bシリーズ
4〜30GHz  

ページトップに戻る